株式会社リベロ インテリア事業部

シックで安らぎに満ちた暮らしを
トルコ絨毯工場直販

事業内容のご紹介

シックで安らぎに満ちた暮らしを トルコ絨毯工場直販

上質の暮らしは何気ない毎日の1シーンに垣間見えるものです。馥郁とした香りが匂いたつような感覚であったり、ゆったりとしたシルクのウェーブに横たわるような心地よい感触。スルタンヒサールカーペットはそんな日常をさりげなく演出します。それが歴史と伝統の持つ力なのです。トルコ絨毯工場から直送する至極の一品が、貴方にシックで安らぎに満ちた暮らしをもたらします。シックで安らぎに満ちた暮らしを、スルタンヒサールカーペット日本直販会社リベロがお届けします。

トルコ絨毯について

当店について<About Us>

 当店はネウシェヒルからウルギュップへ向かう途中、ウチヒサールに近い、カッパドキアの中心部にございます。3000の建物には工房とショールームを備え、このほか6000の屋外スペースがあります。

Our store is located in the heart of Cappadocia, on the road to Urgup town from Nevsehir city nearby Uchisar town, founded on 6000 square meter of outdoor space and 3000 square meter of indoor space which contains workshops and showrooms.

 お客様は工房で、繭から絹を取る様子や、羊毛の染色、絨毯の織り方の工程がご覧頂けます。10室のショールームでトルコ全地域から収集された豪華なコレクションをご覧下さい。

The guests can watch the steps of dyeing of the wool, weaving the carpet and extracting the cocoon silk in the workshops. One of the richest collection which consist of the examples from all regions of Turkey can be seen in ten different showrooms.

 スルタンヒサール・カーペットは、手織り絨毯技術が失われつつある地域のデザインを生産することでトルコ絨毯を支えています。当店の100名を超える販売員は、それぞれが絨毯織りの専門家で、外国語にも堪能です。

Sultanhisar Carpet provides support to Turkish hand made carpet manufacturing at production and promotion stage by producing the designs of the regions where the hand made carpet weaving in danger of losing and employing more than 100 sale staff who are experts in weaving and know foreign languages.

 当店は、トルコ中の信頼のおける旅行業者の協力を得て、アメリカ、ヨーロッパ、アジアからいらっしゃるお客様にきめ細かいサービスを提供し、ご満足頂けることを目標とし、日々努力を続けております。

To provide attentive service and create customer satisfaction to the guests from the Americas to Europe and Far East in cooperation with the respected and trusted tourism agencies throughout Turkey is our main goal just as before until now.

アナトリア絨毯&キリム<Anatolian Rugs&Kilims>

アナトリア絨毯とキリムの歴史
Anatolian Rugs & Kilims-History

 織物技術がいつどこで生まれたか、正確には知られていませんが、おそらく中央アジアに起源があることは疑いようがないでしょう。人口の急増により、中央アジア地区の住民はアジア西部により肥沃な土地を求め移り住みました。この人達はユルック族と呼ばれる遊牧民でした。移民の途中、これらの遊牧民は厳しい天候にさらされ、ヤギの毛を使用してテントを作ることを覚えました。ヤギの毛は羊の毛よりも長く、とても硬いものです。平面織り技術は、遊牧民のテントを作るために使用されました。

Although no one knows precisely where and when the technique of weaving first began, there is no doubt that the art of weaving, in general, started in Central Asia. A population explosion caused the inhabitants of that area to migrate to the western parts of Asia in order to find more prosperous land. These migrating tribes were called yuruks or nomadic tribes. During their migrations, these nomads, who were exposed to severe weather conditions, learned how to use goat hair to make their tents. Goat hair is longer and much stiffer than sheep's wool. The flatweave technique was used in the making of nomadic tents.

 小さな少女の三つ編みから短い固い毛が飛び出るように、織られた布地からもヤギの毛が飛び出し、濡れ、水滴を落とし、平織りの穴からの水分の浸入を防ぐことで、テントはかなりの耐水性を備えていました。その後、遊牧民の人達は、テントの土間の湿気から自らを守る必要性を感じました。そして、この平織り技術を使用し、敷物を作成し「キリム」と呼びました。これらの人々は多神教だったので、ほとんどの平織りデザインは崇拝する神の象徴を表しています。

Just as with a little girl's braided pony-tail where strands of the shorter and stiffer hair stick out, the goat hair sticks out of the woven fabric, gets wet, drops and partially cover the holes in the flatweave, thus making the tent almost waterproof. Later on, these nomadic people felt the need to proof themselves from the humidity present in the earthen floors of their tents. They then applied the very same techniques of flatweaving to make their floor coverings and called them "Kilims". Since these people were pagans, most flatweave designs reflected stylised depictions of worshipped symbols.

 長い時を経て、平織り技術は向上しました。馬やらくだに乗る時に使用するバッグなど日常生活に便利な多くの品物が作られるようになり、多くのものを輸送するためにも使用されました。ユルック族(遊牧民)は、ヤギの毛でキリムを織り、繊維の長さを利用し今日のシイルト毛布と同じような温かい毛布としても使用しました。

Over a period of time, the art of weaving improved and many items useful in every day life were woven-for example saddle bags for horses and camels that could be used to transport many types of items. The Yuruks (nomads) also wove kilims with goat hair and used them as warm blankets since the fibers were so long-just as in today's Siirt blankets.

 これらの初期の毛布は、動物の毛皮の変わりに織られたものと考えられています。キリムは、テント内の部屋割り用にも使用されたほか、テント天井の支えの棒に端を結んでゆりかごとし、揺らして赤ん坊を眠りつけました。時を越え、織物製品の多くが進化し、更に多くの用途に使用されるようになりました。最初のころは、テントに暮らす遊牧民は、テントの隅に乾燥した葉を積み上げ、やわらかい束をベッドとして使っていました。寝ている人の重みで、ベッドはすぐに粉々になり、快適ではなくなってしまうので、頻繁に取り替える必要がありました。動物の毛皮にヒントを得て、遊牧民は基本的な平織りにループをつけるようになりました。これら初期のループ絨毯はとても柔らかく、遊牧民は簡単に折りたたみ、馬の背に穂折込、長旅の間寝袋として使用することができたのです。

It's thought that these early blankets were woven in imitation of actual animal pelts. Kilims were also woven as room dividers in the tents, as well as for cradles, with the corners tied to the overhead tent poles so that the cradle could be swung back and forth to rock the babies to sleep. These many types of woven products improved over time and additional uses evolved on. At first the nomads, who strictly lived in tents, stacked dried leaves and lay them in the corners of their tents and used the soft stacks as beds. Under the weight of the sleepers, the beds rapidly turned into dust and provided little comfort, thus requiring frequent replacement. Then inspired further by animal pelts, the nomads started to add pile to the basic flatweaves. These first pile rugs were very supple, the nomads would simply fold and throw them on a horse's back to be used as a sleeping bag during their long journeys.

 前述の通り、初めてループ編みの絨毯がいつどこで織られたか正確にはわかっていません。しかし、最古現存ループ絨毯は、1947年ロシア人考古学者(ルデンコ)によりシベリア、アルタイ山脈のパジリクの谷のスキタイ王子の墓で発見され、現在、レニングラードのエルミタージュ博物館に展示されています。絨毯はトルコのダブルノット技術で織られており、驚くことに、平方メートルあたり、34万7千ノット(平方センチメートルあたり255ノット)で製作されています。大きさは3.62平方メートル(約180x200cm)で、含有炭素から紀元前5世紀のものと推定されています。この絨毯は埋葬された後に洪水があり、凍結され、ルデンコにより発見されることになりました。パジリク、アルタイ絨毯は洗練されており、長い織物の歴史と伝統の結晶であることを示しています。

As previously mentioned, no one knows exactly where and when the first knotted-pile carpets were woven; however the oldest "surviving" pile carpets was descovered in the grave of a Sycthian prince in the Pazyryk Valley of the Altai Mountains Siberia by Russian archeologist (Rudenko) in 1947 and is presently displayed in the Hermitage Museum in Leningrad. The carpet was woven with the Turkish double knotting tecnique and contains a surprising 347.000 knots per square meter (255 per square inch); it is 3.62 square meters (6 x 6.5 feet) and has been carbon dated to have been from the 5th. century B.C. It was buried and subsequently flooded and frozen to await discovery by Rudenko. The Pazyryk, or Altai carpet, is rather sophisticated, thereby showing that it is the product of a long history and tradition of weaving.

 トルコ絨毯は、ノット織りであれ、平織り(キリム)であれ、太古の昔から、トルコ人により生み出される芸術として名をはせていました。トルコから中央アジアに絨毯織りの技術が広まった背景には、環境、社会、経済、宗教的理由があります。トルコ人が何世紀にもわたり住んだ地域は温帯気候にあります。昼と夜、夏と冬の気温は大きく変化します。テントや大都市の豪勢な住宅に暮らすトルコの遊牧民、農民、町民は、自らを厳寒な気候から、床や時に壁や、廊下を絨毯で覆い守りました。絨毯は必ず手製で、毛糸や時に綿、そして絹で作られています。これら絨毯は寒さを防ぐ自然な防御策です。平織りのキリムの多くは刺繍入りで、毛布、カーテン、ソファーカバーやクッションカバーとして使用されています。

Turkish Carpets, whether knotted or flat woven (kilim) are among the best known art forms produced by the Turks from time immemorial. There are environmental, sociological, economic, and religious reasons for the widespread art of carpet weaving among the Turkish people from Central Asia to Turkey. The geographical regions where Turks have lived throughout the centuries lie in the temperate zone. Temperature fluctuations between day and night, summer and winter may vary greatly. Turks-nomadic or pastoral, agrarian or town-dwellers, living in tents or in sumptuous houses in large cities-have protected themselves from the extremes of the cold weather by covering the floors, and sometimes walls and doorways, with carpets. The carpets are always hand made from wool or sometimes cotton, with occasional additions of silk. These carpets are natural barriers against the cold. The flat woven kilims, which are frequently embroidered are used as blankets, curtains, and covers over sofas or as cushion covers.

 トルコ絨毯は世界で最も人気の高い家庭用品です。13世紀から、トルコ絨毯は豊かな色合い、温かい色調、伝統的なモチーフを使用した素晴らしい模様を維持してきました。13世紀後半にアナトリアを経由し旅をしたマルコ・ポーロは、トルコ絨毯の美しさと芸術性について言及しています。この時代の多くの絨毯は、セルジューク絨毯として知られ、中央アナトリアのモスク数箇所で発見されています。これらは、その後に続いて置かれた多くの絨毯の層の中から見つかりました。セルジューク絨毯は現在コンヤとイスタンブールの博物館に収容されています。マルコ・ポーロが1272年に賞賛したのとまさしく同じ絨毯を見ているのかもしれないと想像することはとてもおもしろいものです。

Turkish carpets are among the most sought after household items all over the world. Their rich colors, warm tones, and extraordinary patterns with traditional motifs have contributed to the status that Turkish carpets have maintained since the 13th century. Marco Polo, who traveled through Anatolia in the late 13th century, commented on the beauty and artistry of the carpets. A number of carpets from this period, known as the Seljuk carpets, were discovered in several mosques in central Anatolia. These were under many layers of subsequently placed carpets. The Seljuk carpets are housed today in the museums in Konya and Istanbul. It is very exciting to imagine that we may be looking at the very same carpets that Marco Polo praised in the year 1272.

アナトリアにおけるトルコ絨毯とキリム織りの発展と伝播
Expansion & Development of Turkish Rug & Kilim Weaving in Anatolia

 セルチューク朝時代、トルコ人はアナトリアに移る前にはイラン(ペルシャ)とコーカサスを何世紀にもわたり統治していました。11世紀の終わりごろから12世紀の初めにかけて、セルチュークが最大の勢力を誇っていた時期に、セルチュークによりアナトリアに織物技術が紹介されました。多くの絨毯の破片に加え、多くは文書化されてはいませんが、18の現存する絨毯がセルチュークが起源だということが知られています。使用されている技術とさまざまなデザインが、セルチューク絨毯織りの豊かさと素晴らしさを証明しています。現存する最古のセルチューク絨毯は13世紀から14世紀のものです。この時代の8枚の絨毯が、ドイツ領事館スタッフのロイトレッドにより1905年コンヤ(アナトリアのセルチューク朝の首都)のアラエディンモスクで発見されました。これらは、1220年から1250年、セルチューク政権の隆盛期に織られたものです。

During the time of the Selcuk Empire and before they came to Anatolia, Turks reigned over Iran (Persia) and the Caucasus for several centuries. The art of weaving was introduced to Anatolia by the Selcuks toward the end of the 11th. and the beginning of 12th. centuries when Selcuk sovereignty was at its strongest. In addition to numerous carpet fragments, many of which are yet to be documented, there are 18 surviving carpets which are known to be of Selcuk Origin. The technical aspects and vast variety of designs used proves the resourcefulness and the splendor of Selcuk rug weaving. The oldest surviving Selcuk carpets are dated from the 13th.-14th. centuries. Eight of these carpets were discovered in the Alaeddin Mosque in Konya (capital of Anatolian Selcuks) in 1905 by Loytred, a member of the German consulate staff, and were woven some time between the years 1220 and 1250 at the height of the Selcuks' reign.

 これら素晴らしい8枚のうち、3枚が大きな完全な絨毯です。3枚は、小さい絨毯の大きな一部分で、2枚は、大きな絨毯のとても小さい一部です。更に1930年、ベイセヒアのエスレフォグルモスクでセルチューク時代の絨毯の3片が見つかりました。今日、これらの絨毯はコンヤのメブラナ博物館とロンドンのクリエールコレクションで展示されています。1935年から1936年、フォスタッド(旧カイロ)において、3番目に古代の絨毯のはぎれがまとまってみつかりました。フォスタッドから見つかった7つの絨毯片は、14世紀のアナトリアのものだと識別されています。前述の18枚の絨毯に共通する模様はクーフィー・ボーダーで、八角星と鉤型の幾何学的な模様が特徴となっています。中央アジアに起源を持つトルコ絨毯は、全ての特徴を14世紀まで保ちました。オットマン帝国がアナトリア全土を統制した後は、模様の特徴や、伝統的な織り方で作れられてきたトルコ絨毯の大きさに変化が表れました。

Of these 8 striking rugs, 3 are large complete rugs; 3 are large fragments from small rugs, and 2 are fairly small fragmants originating from large rugs.three more carpet fragments from the Selcuk period were discovered in 1930 in the Esrefoglu Mosque in Beysehir. Today, these rugs are displayed in the Mevlana Museum in Konya and the Krier collection in London. A third group of carpet remnants were recovered in Fostad (old Cairo) in 1935-1936. These 7 rugs from Fostad were identified as having originated in Anatolia in the 14 th. century.the most common design characteristic of the 18 rugs aforementioned are the Kufic border, the eight pointed star and the hooked (geometric) motif. The Turkish rug, which originated in Central Asia, preserved all of its characteristics until the 14th. century. After the Ottomans gained control over the whole of Anatolia, changes began to appear to the composition the characteristics of the motifs, and in the sizes of the still traditionally woven Turkish rugs.

 オットマン王朝時代、ヘレケに最初の宮廷用絨毯工房が設立され、オットマン宮殿を装飾するために、非常に大きな絨毯が織られるようになりました。これらの比類なく素晴らしい絨毯は、戦争や和解など、ヨーロッパ諸国との関係成立や復興のためにも使用されました。これらは王様やお后、軍主要人物や政治家に贈られました。14世紀の終わりになると、美しい最高の手工芸品であるこれらの絨毯はフローレンスやジェノバの商人などの仲介のおかげで、ヨーロッパの家々、教会、城にも飾られるようになりました。

During the Ottoman reign, the first court carpet workshop was established in Hereke and began to weave carpets of unusually large sizes to decorate Ottoman palaces. These exceptionally fine rugs were also used to establish and re-establish relationships with European countries in times of war and peace. They were given as gifts to kings and queens, as well as to key army commanders and statesmen. Towards the end of the 14th. century, these rugs, which were the finest examples of the eye and hand coordination, began to enter European homes, churches and castles thanks to intermediaries such as merchants from Florence and Genoa.

 14世紀から16世紀にかけて、トルコ絨毯、特にアナトリア産のもののデザインが、ホルバイン、ロット、メムリンク、ファンアイクなどの多くのヨーロッパ画家の絵画に多くみられるようになりました。16世紀の初め、全てのヨーロッパの王子は絨毯のプライベートコレクションを所有していました。(ヘルマン・ハーク、エクテ・テピック-イースタン絨毯)ウィーンでは、人々が絨毯の個人所有を許可されたのは、1671年以降のことでした。トルコ人がウィーンから去った後、多くのトルコ絨毯がテントに残されました。このようにして、素晴らしいトルコ絨毯がヨーロッパ庶民に知られるところとなりました。その後まもなくして、ヨーロッパの王や后が、訪問した臣下を城や宮殿、公邸に招き入れるようになりました。こうして、手織りトルコ絨毯へのヨーロッパ人の関心が高まり、需要が急増するようになりました。

During the 14th. and 16th. centuries, Turkish rug designs, particularly those of Anatolian origin, apperead prominantly in many European artists' paintings, for example, Holbein, Lotto, Memling, Van Eyck, etc. In the beginning of the 16th. century, every European prince owned a private carpet collection. (Herman Haack, Echte Teppich- Eastern Rugs). In Vienna, the people were allowed to own rugs after 1671. When the Turks left Vienna, many Turkish rugs were left behind in their tents. This allowed fine Turkish carpets to become known to the European populace. A short time thereafter, the kings and queens of Europe began to open their castles and palaces, as well as their residences, for visits by their subjects. This in turn, spurred European interest and thereby dramatically increased the demand for hand-knotted Turkish carpets.

 中央アジアから、コーカサスのアナトリアの平野、大草原、海岸地区に広まる中、セルチューク朝からオットマン帝国に至るまで、アナトリア絨毯は発展し続けながらも、純粋でオリジナルな特徴を保ち続けました。宮殿のトルコ絨毯はもともとトルコが制圧した文化からの影響を受けましたが、トルコ文化のスタンダードや仕様に修正されました。こうして、トルコ絨毯はヨーロッパでの位置を確固たるものとしました。ヘレケ、ウシャク、ベルガマなどの絨毯は名声を得て、時と共に需要も高まりました。アナトリア絨毯には驚くほど多くのデザイン、色、シンボルが使われています。今日、これらの素晴らしい絨毯は750以上の村と遊牧民地区で織り上げられています。絨毯のそれぞれのデザイン、シンボル、サイズが異なります。これらの特徴は、母から娘へと受け継がれ、何世紀もの間、同じデザイン、シンボル、美しい色合いが保たれてきました。

Throughout their development- from Central Asia to the Caucasus' the Anatolian plains, steppes, and coastal areas, and throughout the Selcuk and Ottoman eras Anatolian rugs have maintained the purity and original characteristics. Turkish court rugs were originally influenced by sources brought under Turkish control, but which were modified by Turkish standards and requirements. Thus, Turkish rugs reached their deserved place in Europe. Rugs from Hereke, Oushak, Bergama etc. became well known and demands for them continued to increase with time. Anatolian rugs are unbelievably rich in design, color and symbols. Today, these fine rugs are woven in more than 750 villages and tribal (nomadic) areas. Each of these rugs differs from the other by their particular design, symbolism, and relative size; these characteristics are passed on from mother to daughter, and thus for centuries they have kept the same design, symbols, and beautiful shades of colour.

アナトリア文化におけるカーペットとキリム
Carpets & Kilims in Anatolian Culture

 私たちの文化では、絨毯は人間生活に欠かせない要素です。生活とは何でしょうか?私たちにとって、それは歴史であり、言語であり、宗教であり、文化であり、音楽です。これらの全てが、モチーフとなり、色となり、絨毯に織り込まれていることがおわかりになると思います。

In our culture; carpets are an integral part of human life. What is life? For us it's history, language, religion, culture and music. You can see all of these interwoven in the motif, colors and weave of a carpet.

 モスクに入る者はだれでも靴を脱がなければいけません。モスクはイスラム教徒が集う場所であり、そのため入り口を越える前に、靴は脱がなければいけません。祈りの作法として、信者は神の前に謙虚にあるべきで、跪き、額を地面につけなければなりません。モスクには椅子はなく、あるのはカーペットだけです。トルコのモスクはよく、壁から壁まで何層かの絨毯で覆われています。モスクに絨毯を寄進することは敬虔な行為とされ、多くのイスラム信者が寄進をします。祈祷用敷物は、持ち運びに便利な小型で、多くのイスラム教徒が旅行する時に携帯します。どこにいようともイスラム教徒であればメッカのカアバの方向を確認した後、祈祷用敷物を広げ、祈りの作法を通じて、神と直接語り合います。

Anyone who enters a mosque has to take off his/her shoes. The mosque is the common house of a Muslim community, therefore, shoes are cast off before the door. Moreover, the ritual of prayer requires the faithful to kneel and touch the ground with one's forehead in humility before God. There are no chairs or benches in a mosque, only carpets. A Turkish mosque is often covered "from wall to wall" with several layers of carpets. To deed a carpet to a mosque is an act of piety and many Muslims do so. Prayer carpets that are small enough to be carried easily accompany many Muslim travelers. The Muslim, wherever he or she is, upon determining the direction of the Ka'aba in Mecca, lays down the prayer carpet and through the ritual of prayers communicates directly with God.

 結婚前、織物技術を身につける間、若い娘たちはセヴィズと呼ばれる将来の家庭で使うことができる美しい花嫁道具のコレクションを作ります。靴下や、ヘイベとよばれるかばんを編んだりします。このかばんは夫が市場にいくために肩にかけていくもので、妻の家事技術を披露するものです。またタオルに刺繍をしたり、枕、カーペット、壁掛けを織ったりします。結婚後の新居は、お嫁さんの少女時代と家族の思い出に包まれることになります。キリムをみれば、姉妹や近所の人と一緒に愛情とともに織り上げたことを思い出すでしょう。若いうちに作った嫁入り道具は、必要となったら、売ることで新しい家族に収入をもたらすこともできます。

Before marriage, while mastering the textile arts, young girls create the ceyiz (trousseau), a dowry collection of beautiful things that will be useful in their future homes. A girl might knit socks and create a heybe, a saddlebag, for her husband to carry over his shoulder at the market in a public display of her domestic skills; she will embroider towels and weave pillows, carpets and wall hangings. Her new home will be decorated with memories of her girlhood and family. As she looks at her kilims she will see herself and her sisters and her neighbors woven together in affection. While creating the ceyiz (trousseau) in youth, the weaver makes things that, if necessary, can later be sold to benefit her new family.

 畑の収穫時で全ての人が忙しい時を除いて、全ての家で陽が昇ると共に織機に絨毯がかけられます。最低2人の女性が組みになって作業をします。村の地区ごとに、14歳から26歳の女性達が集まりコミュニティの作業グループを形成し、ほとんどの時間、織物をして過ごします。メンバーはお互いの家を自由に行き来し、家を訪問するのにノックをすることはありません。メンバーが来たときは、腰を下ろし、織機を動かします。父親や夫は、畑で働いているか、喫茶店にいることでしょう。若い娘は、子供時代から、母親、姉、村の女性達の横に座って徐々に織り方を覚えていきます。まわりで起こっていることを観察し、吸収します。優秀な織り手になるには小さい頃から習得を始め、成長と共に技術を身につけなければいけません。このように、意識をしないでも手が動くまでに覚え込み、新しいものを生み出す技量と熟練を習得するのです。

Except at harvest when all hands are busy in the fields, a carpet rises on the loom in every house, and when the sun is up, at least two women work together. Girls and women between the ages of 14 and 26 who form together into a special community of work within each neighborhood of the village do mostly weaving. They move fluidly in and out of each other's homes with no need to knock. They come to visit and when they visit, they sit and weave. Their fathers and husbands are away in the fields or sitting in the teahouse. A young girl learns gradually in childhood by sitting beside her mother, her sister, the other women of the village; she learns by watching and by absorbing what is going on around her. The master weaver must begin to learn early and build the art into her process of growth. In this way, she learns the habits of the hand that make the work easy rather than self-conscious, and thus gains the ability for innovation and mastery.

 若い女性が村を歩く時、友人を訪れ、訪問先で織機を動かし、絨毯に、友情の大きな輪による貢献が積み重なっていきます。友達と腰を下ろし織機で一仕事をする間、訪問者が意図的にいたずらをし、小さな模様や、驚くような配色を加えるかもしれません。織り手にとっては"hatıra"、少女時代の友人が訪問し、手伝ってくれた時の思い出になります。絨毯は友情と少女時代の出来事を記録し、織り手が生家を去るときに、嫁入り道具として、夫の村に持って行き、それを見ては少女時代を思い出すのです。

As young women move through the village, stopping to visit, weaving while they visit, carpets accumulate the contributions of a wide circle of friendship. Sitting to weave a spell with her friend, the visitor might create an intentional inversion in a minor motif or introduce a spot of surprising color. For the weaver it is a hatıra, or a memento of the time a girlhood friend stopped by and helped for a while. The carpets record the friendships and events of girlhood, and when the weaver leaves, taking the carpets of her dowry with her to the village of her husband, they will remind her of these times.

材質
Materials

 天然繊維だけが手織り絨毯に使用されます。ループ絨毯の主材料は羊毛、シルク、綿です。遊牧民や村の織り手はヤギやらくだの毛を使うこともあります。

Only natural fibers are used in handmade rugs. The main pile materials are wool, silk and cotton. Sometimes, goat and camel hair are also used by nomadic and village weavers.

羊毛(Wool)

 羊毛は柔らかく、耐性があり、扱いやすく、高価すぎないため、一番ループ絨毯に使用される材質です。この組み合わせの特性は、他の天然繊維には見つからないものです。羊毛は羊の毛皮から得られます。自然の羊毛は白、茶色、淡黄褐色、灰色で、時折、染め工程を経ることなくそのまま使用することがあります。

Wool is the most frequently used pile material in handmade rugs because it is soft, durable, easy to work with and not too expensive. This combination of characteristics is not found in other natural fibers. Wool comes from the coat of sheep. Natural wool comes in colors of white, brown, fawn, yellow and gray, which are sometimes used directly without going through a dyeing process.

綿(Cotton)

 綿は主に絨毯の土台に使用されます。しかし、トルクメン族などは、絨毯の狭い白い部分を綿も使って織ることで、変化をつけています。

Cotton is used primarily in the foundation of rugs. However, some weaving groups such as Turkomans also use cotton for weaving small white details into the rug in order to create contrast.

絹(Cocoon Silk)

 絹はタンパク質のセシリンで包まれた蚕の繭で作られる繊細な、半透明で、美しい繊維です。絹を作る多くの昆虫が知られる中、商業的に使用される蚕は、ボムビックス・モリやマルベリー蚕などの蚕蛾の幼虫です。

Silk, fine, horny, translucent, fiber produced by the silkworm in making its cocoon and covered with sericin, a protein. Many varieties of silk –spinning worms and insects are known, but the silkworm of commerce is the larva of Bombyx mori,or mulberry silkworm, and other colely related moths.

 絹を作るには、まず糸巻きをします。繭を色やきめで選別した後、蒸気をあてるか、ぬるま湯につけて天然の糊を緩めます。そして巻きをほどいていきます。ひとつの繭で、1000から1500mの繊維ができ、強く扱いやすくするように縒って糸巻きにすると4つから18つになります。これを生絹といいます。

In silk manufacture, the first operation is reeling. The cocoons, having been sorted for color and texture, are steamed or placed in warm water to soften the natural gum. They are then unwound; each cocoon may give from 1000 to 1500 m of filament, from 4 to 18 strands of which are reeled or twisted together to make an even thread strong enough to handle. This is called raw silk.

 次に、絹糸に撚りをかけます。織機で使えるほどの強さと太さにするよう、生絹を撚り合わせます。

The next step, called throwing, is preparing the raw silk for the loom by twisting and doubling it to the required strength and thickness.

絹の歴史
History of silk

 遠い昔から養蚕と絹の生産は中国で行われてきました。伝説によるとその歴史は紀元前2640年に妃の西稜氏が養蚕を奨励したばかりか、糸巻き工程を発達させたことに始るとあります。これは3000年近く固く守られてきた秘密でした。6世紀まで、生絹は中国から輸出することはできましたが、蚕の卵を輸出すれば死刑になりました。550年、ユスティニアヌス皇帝にそそのかされた2人の元宣教師が、杖の空洞に桑の種と蚕の卵を両方隠しコンスタンティノープルに密輸しました。

Sericulture (the culture of the silkworm) and the weaving of silk have been practiced in China from a remote period. Legend dates this back to 2640 B.C , to Empress Si Ling-chi, who not only encouraged the culture of the silkworm but also developed the process of reeling from the cocoon. This was a closely guarded secret for some 3,000 years. Up to the 6th cent. raw silk was brought from China, but death was the penalty for exporting silkworm eggs. About A.D. 550 two former missionaries to China, incited by Emperor Justinian, succeeded in smuggling to Constantinople, in a hollow staff, both the eggs of the silkworm and the seeds of the mulberry tree.

人絹
Artificial Silk

 人絹は蚕の繭から作られていない絹の全てを指します。多くの場合、つや出し木綿をさし、またレーヨンや化学繊維を指す場合もあります。

Artificial silk is everything billed as silk that doesn't come from the silkworm cocoon. Most often this means mercerized cotton; sometimes it means a manufactured fiber like rayon or a blend of chemically altered and/or manufactured fibers.

色と染料
Colors & Dyes

 芸術の作成にあたり、最も大事な要素はデザインと色です。色のコントラストでデザインが生み出され、芸術品が白黒の絵になるか、色とりどりの手製絨毯になるかは色が決め手なので、色はデザインよりも重要だと言えるでしょう。

In creating a work of art, the two most important elements are design and color. We could even say that color is more important than design because it is by color contrast that design is created, whether that work of art is a black and white portrait or a colorful handmade rug.

 手製の絨毯では、背景色や枠の濃い色に対して、色鮮やかなモチーフが織り込まれることで、更に鮮明な色のコントラストを生み出しています。全ての手製絨毯は、背景色と枠の色で識別されます。

In handmade rugs, colorful motifs are woven into the rug against the solid color in the background and the border, creating even more incredible color contrast. All handmade rugs are identified by their background color and border color.

 色はまた、手製の絨毯の産地を推定する重要な要素ともなります。絨毯の産地により、それぞれ独自の色と組み合わせと染料を使用します。色は天然であれ合成であれ、環境にある最適の染料を使用し、時には象徴する意味(伝統的なものや宗教的なもの)を考慮し、選択されます。

Colors are also an important factor in determining the origin of handmade rugs. Different rug producing areas use different combinations of colors and different types of dyes. Colors are chosen according to the best dyes available in the environment whether natural or synthetic, and even sometimes according to their symbolic values (traditional and religious meanings).

 羊毛、絹、綿などの天然素材の色を変える工程を染色といいます。染料には天然染料と合成染料の2種類があります。

The process of changing the natural color of materials such as wool, silk, and cotton is called dyeing. There are two types of dyes: natural dyes and synthetic dyes.

天然染料(Natural Dyes)

 19世紀終わりごろまで、天然染料だけが織り糸の染色に使用されてきました。天然染料は、植物、動物、鉱物を利用した染料を指します。

Until the late nineteenth century only natural dyes were used for coloring weaving yarns. Natural dyes include plant dyes, animal dyes, and mineral dyes.

 植物染料には、根、花、葉、果実、樹皮を使用します。

Plant dyes come from roots, flowers, leaves, fruit, and bark of plants.

 アブラナ属の大青、マメ属のやぶのインジゴ藍が青の染料として使用されます。黄色はサフラン、ベニバナ、ウルシ、タマネギの皮、ダイオウ、キバナ、オウボクを使います。アカネは古代から赤に使用されてきました。アカスギやブラジル木も赤に使われます。茶色と黒は、カテキュー、オーク樹皮、オークのコブ、どんぐりの殻、茶、クルミの殻です。ヘナはオレンジに使用されています。

Woad, a plant of the mustard family, and indigo, a bush from the pea family, are used for blue dye.Yellow is produced from saffron, safflower, sumac, turmeric, onionskin, rhubarb, weld, and fustic. Madder has been used since ancient times for reds. Redwood and Brazil wood are also used for reds. Browns and blacks come from catechu dye, oak bark, oak galls, acorn husks, tea, and walnut husks. Henna is used for orange.

 緑には、インジゴ藍と、黄色の染料のどれかを組み合わせたものが使用されます。

For green, indigo over-dyed with any of a variety of yellow dyes is used.

 動物性のものとしては、コチニールカイガラムシが赤として使用されています。

Some animal sources of dyes include insects such as Cochineal is used for red.

 鉱物染料は、黄土(黄色、茶色、赤)、石灰岩や石灰(白)、マンガン(黒)、辰砂や酸化鉛(赤)、藍銅鉱や瑠璃(青)、マラカイト(緑)があります。

Mineral dyes come from ocher (yellow, brown, red), limestone or lime (white), manganese (black), cinnabar and lead oxide (red), azurite and lapis lazuli (blue), and malachite (green).

 染色業者は、同じ染料を使っても、材料や使用する水質、さまざまな媒染剤によりいろいろな色を出すことができます。例えば、媒染剤を変えることで、ザクロから赤から黒までの色を生み出すことができます。また画家のパレットで、全ての天然の原色を混ぜ合わせることにより更なる色を生むことができます。天然素材は天然素材がたやすく入手できる染色工房や村で今でも使用されています。

Dyers are able to get a variety of colors and shades from the same source depending on the type of material used, the characteristic of local water, and the use of different mordants. For example, from pomegranate skin they can produce a range of colors from red to black by using different mordants. Also, as with a painter's palette, all the primary natural colors employed could be mixed to produce a wide variety of secondary hues. Today, natural dyes are still used in some traditional dye-houses and villages where natural sources are readily accessible.

合成染料(Synthetic Dyes)

 19世紀半ば、西洋からの手製絨毯の需要の増加に伴い、中東での生産が増加しました。豊富な色合いの、使いやすい安価な染料が必要になり、ヨーロッパ、特にドイツで合成染料が発展しました。合成染料は、やがてペルシャ(イラン)、アナトリア(トルコ)、その他の中東諸国に輸入されました。

In the mid-nineteenth century, as the demand for handmade rugs increased in the West, their production increased in the East. The need for easy-to-use and less expensive dyes with wider range of colors caused the development of synthetic dyes in Europe and especially in Germany. Synthetic dyes were soon imported to Persia (Iran), Anatolia (Turkey), and other Eastern countries.

 初めての合成染料、フクシン(マゼンタアニリン)は、1850年代に開発されました。すぐ後に他の合成アニリン染料が製造されました。石炭のタールから作られた合成アニリン染料は、鮮やかで安価で、扱い易いものでした。しかし、光や水により色がすぐ落ちてしまいました。

The first synthetic dye, Fuchsine (a magenta aniline), was developed in the 1850s. Shortly after, other synthetic aniline dyes followed. Synthetic aniline dyes made from coal tar were brilliant, inexpensive, and easy to use; however, they faded rapidly with exposure to light and water.

 現代、織り糸にはたいていクロム染料が使用されています。天然染料は入手しやすい地区で使用されています。時には一つの絨毯に2種類の染料が使用されており、織り手は入手できるなかで最良の染料を使用します。場合によっては天然染料の方が質が良いことがありますし、場合によっては合成染料のほうがいい結果を生む場合があります。

Today, mostly chrome synthetic dyes are used for coloring weaving yarns. Natural dyes are used in places where they are easily obtainable. Sometimes the two are combined together in the same rug, and the weavers use the best type of dye available to them. In some cases, they can find good quality dyes in nature, and in other cases, they get better results from the synthetic dyes.

色が象徴するもの(Symbols of the Colors)

 中近東では、色はそれぞれ象徴的な意味があります。伝統的、宗教的な色の意味を考慮して、手製絨毯の色を決定する場合があります。

In the East, colors have symbolic values. Traditional and religious meanings of colors sometimes affect the choice of colors used in handmade rugs.

 例えば緑はイスラム教徒にとっては神聖な色とされています。そのため、19世紀末まで、主に祈祷用敷物に使用されていました。しかし、19世紀の終わりには、西洋の嗜好に合わせるために、輸出向けに緑を含む装飾的な敷物が多く作られました。

Green, for example, is considered by Muslims to be a holy color; therefore, until the end of 19th century, it was mainly used in prayer rugs However, at the end of the 19th century, in order to comply with Western taste, numerous decorative rugs containing green were produced for exportation.

 赤は、最も幅広く敷物に使われている色で、幸せや喜びを表します。

Red, the most widely used rug color, means happiness and joy.

 黄色と金色は富と力を象徴します。

Yellow and gold symbolize wealth and power.

 濃い青は孤独を示しています。

Dark blue signifies solitude.

 白はアナトリアでは哀悼、平和、純粋を意味し、地面の色の茶色は収穫と豊穣を表します。

White is symbol of mourning, peace, and purity in Anatolia, and brown, the color of earth, symbolizes harvest and fertility.

道具
Tools

 手製の絨毯製作にはさまざまな道具が使用されます。織機のような道具は、全ての織り手が必要とするもので、フックなどの他の道具は、織る集団により違うものを使用します。絨毯織りの地域が異なると、同じ道具の微妙に変わったものが使用されます。絨毯織りの共通の道具には、縦織機、横織機、デザインプレート、ナイフ、はさみ、錘、フック、櫛があります。

Different tools are needed in construction of a handmade rug. Some tools, such as looms, are an absolute necessity for all weavers, and other tools, such as hooks, are used by some weaving groups. Sometimes, different rug weaving areas use slightly different versions of the same tools. Some common tools used in rug weaving are vertical looms, horizontal looms, design plate, knife, scissors, spindle, hook and comb.

縦織機(Vertical Loom)

 織機は、織っている間、絨毯を支えるフレームです。縦織機は、村や工房絨毯特有のもので、横織機よりも複雑な構造をしています。縦織機には4本の棒で作られており、2本は縦方向、2本は地面近くと上部の水平方向に組み立てられています。織機は立っているフレームのように見えます。ループ用の糸は上部と下部の糸に設置されています。縦織機で作成される絨毯は寸法とデザインがより緻密なものとなっています。

A loom is a frame which holds the rug together while it is being woven. Vertical looms are specific to village and workshop rugs, and their assembly is more complicated than horizontal looms. A vertical loom consists of four bars, two side bars that go from ground up and two horizontal bars--one at the bottom, close to the ground, and one at the top. This loom looks like a frame that is standing up. The warp strands are secured to the top and bottom bars. Rugs woven on vertical looms are more exact in dimensions and design.

横織機(Horizontal Loom)

 織機は織る間、絨毯を支えるフレームです。横織機は織機の中でも最も単純なものです。これらは移動の際に簡単に分解できるので、主に遊牧民に使用されています。移動前に作成を終わらせるためと、この種の織機で大型の絨毯を織る困難さから、横織機を使用した絨毯は通常小さくなっています。横織機はフレームのような4本の木製の棒で作られています。

Loom is a frame which holds the rug together while it is being woven. Horizontal looms are the simplest type of loom. They are mostly used by nomads because they can easily be dismantled at the time of migration. Rugs woven on horizontal looms are generally small because they need to be finished in time for migration, and it is also difficult to weave large rugs on these kind of looms. Horizontal looms are constructed by four wooden bars similar to a frame.

デザイン・プレート(Design Plate)

 デザイン・プレートは方眼紙の上に色つきの絨毯を描いた下絵であり、これが織り手にとってデザインと色の基本となります。通常一つの四角がノット一つのサイズになります。絨毯のデザインが対象の場合、プレートは通常4分の1のものを使用します。有名なアーティストやデザイナーがプレートを描くことがよくあります。工房であればデザインプレートは必ず使用し、村であれば使用しないところもあります。デザインプレートを使用することでデザインをより正確に再現することができます。

Design plate or a cartoon is a colored drawing of a rug on graph (squared) paper which guides the weavers with both design and color. Usually each square represents a knot. For rugs that have symmetry in design, the plate usually illustrates one quarter of the rug. The plates are often drawn by famous artists and designers. Design plates are used in some villages and all workshops. The use of design plates helps make the design more exact.

ナイフ(Knife)

 ナイフはそれぞれのノットを結んだ後、毛糸を切るのに使います。地域によってはこのためにナイフのかわりにフックを使います。

A knife is used for cutting the yarn after each knot is tied. In some areas a hook is used instead of a knife to perform this function.

はさみ(Scissors)

 ノットを一つあるいはいくつか織った後、長い不ぞろいのループを切るために、特別なはさみを使用します。

Special scissors are used for cutting long and uneven pile after one or few rows of knots have been woven.

櫛(Comb)

 ノットを一列織り終えた後、縦糸に横糸を渡した後、特別な櫛で、横糸をノットの列に打ちつけます。櫛は縦糸方向に上下され、ノットの位置を整えるために横糸を押し付けます。

After completion of a row of knots and passing a strand of weft through the warps, the weft strand and the row of knots are beaten with a special comb. The comb is moved up and down through the warp strands, pressing the weft strand on top of the knots securing the knots in place.

錘(Spindle)

 錘は繊維を紡いで毛糸にするために使用される棒です。

Spindle is a rod used for spinning fibers into yarn.

フック(Hook)

 フックはナイフのような道具で、先端が非常に細くなっています。この道具には2つの目的があります。ノットを結ぶ間、先端で縦糸をわけるのに使用し、そして縦糸の間に毛糸を通すのに使います。フックの片側はナイフと同じように、それぞれのノットを結んだ後、毛糸を切るために使用されます。

Hook is a knife-like tool that becomes very narrow on the tip. This tool has two purposes. The weavers use the tip for separating the warp strands while tying a knot and then pulling out the yarn through the warp strands. The side of the hook, which works like a knife, is used for cutting the yarn after each knot is tied.

工程と技術
The steps & the techniques

 手織り絨毯は二つの部分で構成されています。「縦糸」と「横糸」から構成される絨毯の骨組みと、ベルベットのような絨毯の「ループ」で、さまざまな色の糸を結びつけることで図案を表現する部分です。模様を描くために、2つの結び方技術があります。

A rug is a handicraft which consist of two parts: the skeleton of the rug, which is formed by vertical and horizontal threads called "warps" and "wefts" and the part which resembles a picture and is like velvet, which is called the "pile" of the rug, made by knotting different colors of thread. In order to form motifs, there are two knotting techniques:

1.対称ノット、ダブルノット、トルコ式ノットと呼ばれるもの。2本の縦糸にそれぞれのノットが作られます。このノット方式では、ループ糸を2本の縦糸のまわりを一周させ、下に引き、切ります。

1. Symmetrical knotting, double or Turkish knotting. Each knot is made on two warps. In this form of knotting, each end of the pile thread is wrapped all the way around the two warps, pulled down and cut.

2.非対称ノット、シングルノット、ペルシャ式ノットと呼ばれるもの。一本の糸を縦糸のまわりを一周させ、もう一本は隣の縦糸のそばにおきます。そして両端を下に引き、切ります。

2. Non-symmetrical or single (Persian) knotting. While one end of the thread is wrapped all the way around the warp, the other end is placed just beside the next warp. Then both ends are pulled down and cut.

絨毯の織り方工程(Steps for weaving a carpet)

1. 織機の下から織り始めます。まず下部のキリム部分(平織り部分)を織ります。

1. Weaving is started from the bottom of the loom. First the kilim part (flat woven part) is woven at the lower edge.

2. そして織り手は2つの縦糸に図案に合うような毛糸をあて、ノットを作ります。

2. The weaver then takes a piece of wool which corresponds with the pattern and forms a knot on two warps.

3. 次に余計な毛糸を指かナイフを使って切ります。

3. Then she cuts the surplus wool with her fingers or a knife.

4. ノットが一段終わったら、前面と背面の縦糸の間に横糸を渡します。横糸は絨毯の織りの強度を増すために使用します。

4. After one row of knotting is completed, she then passes a weft thread in between the front and back warps. The weft threads are used to strengthen the weaves of the carpet.

5. そして「キルキット」といわれる櫛のような道具で、ノットと横糸を強く打ちつけ、ノットと横糸を固く纏めるようにします。

5. Then she will take the " kirkit" (a comb like tool) and vigorously beat down the row of knots and weft, in order to obtain the desired tightness and to make the knots and weft compact.

6. この後、ループを均一の厚みに仕上げるために、調節可能のはさみで余計な色つきの糸を切ります。

6. Following this step, with a pair of adjustable scissors she cuts the surplus colored threads to obtain a uniform thickness of pile.

7. カーペットが仕上がるまで上記を繰り返します。

7. This process is continued until the carpet is complete.

 全ての手製の絨毯は機能的で、しかも忍耐強く作成された類稀な芸術作品です。それぞれのノットは手で結ばれています。平方インチあたりの絨毯には、25から1000以上のノットがあります。(10平方センチに40から1550以上のノットがあります。)熟練した織り手は10秒で1つのノットを作ることができ、1分で6つ、1時間で360のノットを作ります。これは平方インチあたり150ノット(10平方センチあたり約230ノット)の9x12フィート(275x365cm)の絨毯を織るためには、熟練した織り手だと6480時間かかるということです。もし1日あたり8時間働いてそのような絨毯を作るとしたら、一人の織り手だと810日、約2年半かかるということです。通常9x12フィートの大きさの絨毯は2人から3人の織り手で作られるので、作成期間は半分か3分の1に縮小されるでしょう。ノット密度がもっと細かい場合を想像してみてください!

All handmade rugs are functional and exceptional works of art created with great patience. Every single knot is tied by hand. A rug can consist of 25 to over 1,000 knots per square inch. A skillful weaver is able to tie a knot in about ten seconds, meaning 6 knots per minute or 360 knots per hour. That means it would take a skillful weaver 6,480 hours to weave a 9x12-foot rug with a density of 150 knots per square inch. If we divide this number by 8- hour working days, that means it would take one weaver 810 days (approximately two and a half years) to weave such a rug. A rug as large as 9x12 is usually woven by two or three weavers, so the above time can be reduced by half or third. Imagine if the knot density is even higher! .

 ノット密度は手製絨毯の平方インチか、10平方センチにあるノットの数を指します。ノット密度はインチを使用する国では平方インチ、メートルを使用する国では、10平方センチを基準とします。10平方センチは約4インチ辺の面積となります。ノット密度は、縦糸と横糸にそって1インチあるいは10cm間にある(絨毯背面に見える)ノットの数を測り、この2つの数を乗じて求めます。通常、2方向の数は同じなので、一方向の数だけを数え二乗します。

Knot density refers to the number of knots per square inch or square decimeter in a handmade rug. Knot density is measured by the imperial system in square inches and by the metric system in square decimeters. Every decimeter is equal to 10 centimeters or approximately 4 inches. Knot density is measured by counting the number of knots per linear inch or decimeter along the warp and weft (visible on the backside of the rug) and multiplying the two numbers. Since usually the two numbers are the same, one number can simply be squared.

 ノット密度は絨毯の価値を決める 要素となりますが、これが全てというわけではありません。遊牧民や村で作られた作品の場合、ノット密度は通常、価値の評価基準になりません。遊牧民や村で作られた作品と、工房作品では、コレクターは違う評価基準を使います。遊牧民や村の織り手達は都市の工房のような洗練した道具は持っていません。そのため遊牧民や村で作られた作品の評価基準は、記憶で作成されたデザイン、身の回りの自然を利用した染料と材料であり、そして最も重要なのは、織り手の「生き方」が絨毯に表れているかどうかです。これらの絨毯のノット密度は通常平方インチあたり25から100ノット(10平方センチに40から155ノット)です。これよりもノット密度が高いと製作に時間がかかり、遊牧民は季節の変わり目に移動するので、織機を動かさなければいけない移動時期までに製作を終えることができなくなってしまうのです。そのため、これらの絨毯は工房の絨毯よりもノット密度が低くなっています。これらの絨毯の価値は、伝統と素朴さにあります。芸術的な価値があるのです。

Knot density can be a factor in the value of a rug, but this is not always true. In nomadic and some village items, knot density is usually not a factor. It is not a factor for collectors of these rugs either because nomadic and village rugs are judged by different standards than workshop rugs. Nomads and village groups do not have the same sophisticated tools as other city weaving groups. Their items are valued by the fact that their designs are created from memory, their dyes and materials are provided by the nature around them, and most importantly the weavers' way of life is expressed in them. These rugs generally have a knot density of between 25 to 100 knots per square inch. Rugs with higher knot density take a longer time to make, and since nomads migrate as the seasons change, if their rugs are not finished in time for migration, they will have to carry the looms with them. Therefore, their rugs tend to have a lower knot density than workshop rugs. The value of these rugs lies in their heritage and simplicity. They have artistic value.

 ノット密度は、工房や都市部で作成された絨毯に関する要素のなかでも、重要なものとなります。工房はより洗練された道具があり(洗練度には違いがあるが)、デザイン図案(方眼紙に書かれた図面)に沿って織られるので、緻密さが重要となります。ノット密度は絨毯の耐性とは無縁ですが、密度が高くなればなるほどより繊細なデザインが表現できるので、複雑で曲線的なデザインには重要です。工房絨毯では、ノット数が平方インチあたり100ノットから1000ノット(10平方センチに155ノットから1550ノット)のものを作成できます。平方インチあたり1000ノット(10平方センチあたり1550ノット)を超えるものは非常に珍しく、非常に高価なものとなるでしょう。絹だとより多くのノットを結ぶことができるので、通常こうした絨毯の土台には絹が使用されています。綿や羊毛だと糸が太くなるので、これだけ多くのノットを限られた面積に結ぶのが難しくなるのです。

Knot density is a factor, amongst many other factors, in the value of workshop rugs or in other words city rugs. Since workshops have more sophisticated tools (though of varying degrees of sophistication) and follow patterns (drawings on squared paper) for their designs, precision becomes important. Knot density, although irrelevant in the durability of the rug, becomes important for creating intricate curvilinear designs because the higher the knot density, the more detailed the design can be. Workshop rugs can have a knot density of between 100 to over 1000 knots per square inch. Rugs of over 1000 knots per square inch are very rare and most likely very expensive. These rugs are generally pure silk with silk foundation because with a silk foundation more knots can be tied. With cotton or wool because the strands are thicker, it would be difficult to tie this many knots in one square inch.

平面織り
Flat Wovens

 平面織りは織る時にノットを使用しない技術です。縦糸が土台となり、横糸は土台として機能するほか、模様を作るために使用されます。横糸は単純に縦糸に渡されます。これらの織り方技術は、キリム、スマック、ジジム、ジリスなどで見られます。この織り方は、ノットが工程に使用されず、表面が平らに見えることから平織りと呼ばれています。

Flat weave refers to a technique of weaving where no knots are used in the weave. The warp strands are used as the foundation and the weft stands are used as both part of the foundation and in creating the patterns. The weft strands are simply passed (woven) through the warp strands. Some examples of this weaving method can be seen in kilims, sumaks and cicims and zilis. These weavings are called flat weaves since no knots are used in the weaving process and their surface looks flat.

シジム(Cicim)

 シジムは横糸に、追加の飾り糸を使用して、絡ませるように織る平織りで作られます。

The cicim is woven on a balanced plain or weft-faced weave with an additional design thread used in a semi-wrapping sequence.

キリム(Kilim)

 「キリム」という言葉は、ループなし、ノットなしで作られる絨毯に使用されます。キリムの横糸は端から端までわたされるのではなく、必要な模様、色の場所だけにかけられます。模様をなす糸は、縦糸が見えなくなるほど緊密になるよう、打ちつけられます。

The word 'kilim' applies to carpets (rugs) which are not knotted but woven without pile. The threads in a kilim are woven across the warp, not from edge to edge, but only were pattern and color make it necessary. The threads forming the pattern are beaten so close that the warp - threads are invisible.

 キリムは、織り手が一織り一織り心をこめ、たおやかな手で織り上げた共生と協力、愛と美の結晶です。

A kilim is the composition of coexistence and cooperation, love and beauty woven thread by thread by the mind and fragile hands of a weaver.

 平織り絨毯として知られるキリムは、アナトリアの人々の生活で重要な役割を果たしています。赤ん坊のゆりかご、若い娘の嫁入り道具を美しく飾るものとして多く使用され、敷物、壁掛け、時には穀物や服をしまう袋として使われてきました。遊牧民の家の屋根や壁はキリムで作られていました。

Kilims known as the flat-woven carpets, play an important role in the lives of Anatolian people. They have been used as cradles for babies, as the most beautiful part of the trousseau of a young girl, as floor coverings, wall hangings and sometimes as a sack to store grain or clothes in. The roof and the walls of the home of a nomad are made of kilims.

 キリムの上で踊るように使われている何百もの色彩は、自然、夢、希望、愛情を表しています。キリムのアルファベットを覚えたら、まるでおとぎ話であるかのようにキリムに込められた物語を読むことができるでしょう。キリムのデザインについてあれこれ語る必要はありません。あなたの美と芸術への理解が全てです。デザインについて思いつくままを口にして下さい。あなたの物語が最も真実であるものになるでしょう。

Hundreds of colors, dancing on a kilim, are the expression of nature, dream, hope and love. Once you learn the alphabet of a kilim you can read it as if it is an anthology of folk tales. It is not necessary to talk about the designs of a kilim it is up to your understanding of beauty and art. You can say anything you like about the designs. Your own story will be the most original one.

スマック(Sumak)

 横糸と縦糸の他にデザインを構成するために縦糸に第三の糸を巻いていく織り方です。スマックでは縦糸を使う場合と使わない場合があります。この主な違いのほかに、縦糸の整え方を変えることで、違う種類のスマック絨毯を織ることができます。

It is a kind of combed weave with warps woven by the use of a third thread composing the figures besides the weft and warp threads. Sumak weaves may be woven with or without warps. Besides this main difference, different kinds of sumak carpets are woven changing according to the style of wrapping of figure threads to warp threads.

 織り方によりスマックは、スムース、縦糸なしスムース、反り、縦糸なし反り、リバース、クロススマックなどに分けられます。スマックは敷物、袋、乗馬用かばん、ゆりかごなど用途により織り方が変わり、縦糸なしのものの方が広く普及されています。

Sumaks are identified in accordance with the weaving style such as smooth; smooth without weft; cambered; cambered without weft; reverse; cross sumak. Sumak are woven according to their functions such as ground clothes, sacks, saddle bag and baby cradle; and types of sumaks without warp are more widespread.

ジリ(Zili)

 ジリは縦糸、横糸、飾り糸を使用して織ります。飾り糸は、模様に合わせ横糸に2目表で1目裏、3目表で1目裏、5目表で1目裏、3目表で3目裏といったパターンでわたしていき、2本の縦糸で留めます。その結果、横糸が表にでた織り方になります。

Zili weaves include weft, warp and figurative threads. Figurative threads, being slipped over the warp threads, are slipped in 2-1, 3-1, 5-1 and 3-3 order according to the position of the figure and clamped by slipping 2 warps. As a result, it turns into a kind of woven with wefts on the face.

 横線や縦線を含む図案や模様は、ジリで簡単に織ることができます。線の交差は横糸をわたし、作ります。ジリの織り構造やデザインは、中央アジアからもたらされた当時からあまり変わっていません。ジリにはスムース、クロス、たるみ織り、チェック、ベルヌ織りといった種類があり、アナトリアで主に織られ、伝統的にかばん、塩入れ、乗馬用かばん、枕、袋、服に使用されてきました。

The figures and motifs including vertical and horizontal lines could be woven more easily in Zili weaves; cross lines can also be obtained by slipping the warps. Zili figures have not changed much in respect to this woven structure and are brought today from Central Asia. Zili having been named according to weaving styles such as smooth, cross, loosely woven, checkers and verne, are woven mainly in Anatolia and used traditionally as bags, saltcellar, saddle bags, pillows, sacks and clothes.

ループ織り
Pile Wovens

 ループ織り、ノット織りは、多くの絨毯織りで使用されている技術です。この技術では、絨毯はノットを作りながら織っていきます。短い毛糸を2本の縦糸に結びつけ、絨毯の表面にノットを作ります。一列ノットを作った後に、横糸を一本かそれ以上、全ての縦糸に対してわたします。そしてノットの場所を固定するために、ノットと横糸を打ち付けます。全てのループ織り絨毯はノットを使用し織りますが、織り手のグループにより異なるノット技術を使います。織機の下側から織り始め、ノットと横糸を水平方向に積み上げていき、上方に向かって織っていきます。

Pile weave or knotted weave refers to the method of weaving used in most rugs. In this technique the rug is woven by creation of knots. A short piece of yarn is tied around two neighboring warp strands creating a knot on the surface of the rug. After each row of knots is created, one or more strands of weft are passed through a complete set of warp strands. Then the knots and the weft strands are beaten with a comb securing the knots in place. Even though all pile rugs are woven with knots, different weaving groups use different types of knots. The weaving process begins at the bottom of the loom and moves upward as the horizontal rows of knots and wefts are added.

遊牧民による絨毯
Nomadic Tribal

 遊牧民絨毯は主にテントに住み、夏山間部の草原に移動する羊飼いの部族により織られています。絨毯織りは彼らの職業というよりは、文化であり生活です。日常生活のための絨毯を織ります。遊牧民で絨毯の織り手は女性に限られています。どれくらい絨毯織りの専門技術を持っているかは、社会的地位を決める重要な要素になっています。少女たちは早期に技術を学び始め、多くの部族では、最初の作品で、結婚をする資格があるかどうか試されます。

Nomadic rugs are woven by tribes who are mostly sheepherders, live in tents and migrate to the mountain pastures in the summer. Rug weaving is part of their culture and life rather than an occupation. They weave rugs for their everyday usage. Women are the sole rug weavers in nomadic tribes. Their expertise in rug weaving is an important factor in determining their social status. Girls learn this skill from an early age and in most tribes they show their first work as proof of their eligibility for marriage.

 遊牧民はほとんどの場合、移動時にすぐ解体できる小型の横織機を使用しています。結果として、遊牧民の絨毯は通常小さいものとなっています。また遊牧民は周囲にある限られた天然染料を使用するので、使用する色は限られています。遊牧民の作る絨毯は通常、大胆でシンプルなモチーフの幾何学模様です。ヨーロッパ市場へと持ち込まれた遊牧民の絨毯はもともと個人使用のものでした。これらの美しさは、伝統と素朴さにあります。

Nomadic tribes mostly use small horizontal looms that can be dismantled rapidly at the time of migration. As a result, nomadic rugs are usually small. They are also limited in range of colors because nomads use natural colors that are few but available in their surroundings. Nomadic rugs usually have geometric patterns with bold and simple motifs. The nomadic rugs that reach the Western market are originally woven for personal use. The beauty of nomadic rugs lies within their heritage and simplicity.

ドシェメアルティ(Doshemealti)

 トロス山脈の山すそに住むドシュメアルティの人々は、アナトリアの最も魅力的な絨毯を織る人々です。ドシュメアルティの絨毯は長い伝統に支えられており、モチーフは連なる山のようにみえます。多くの絨毯が赤、濃紺、白で、最もよく登場する模様はらくだとさそりです。

People of Doshemealti who live on the skirts of the Taurus mountains are the most interesting carpet weavers in Anatolia. Döshemealtı carpet, which have a long tradition of weaving, look like a panaroma of motifs. Usually dyed in red, navy blue and white colors the most frequently used motifs in these carpets are camel and scorpion.

カルス(Kars)

 カルスのアナトリアの北東の高原で織られる良質のカーペットです。この地方では、長いカーペット織りの伝統があり、伝統的にワシの模様が数多く使われてきました。この土地の羊の毛皮は、通常黒か茶色の粗いものです。そのため、カルスの絨毯にはこの地の羊毛のもともとの色が含まれています。今日、高い織物技術のため、品質、強さ、耐性があると評判の絨毯になっています。

Kars carpets are among the quality carpets woven on high planes of north east Anatolia. In this district, with a long tradition of carpet weaving, it is very common and traditional to use the eagle motif. Sheep, which live here usually have black or brown coarse, thick wool. Consequently, Kars carpets contain original colors of this local wool. Today, they are among the popular carpets owing to their quality, strength and durability, due to their weaving method.

シャーバン(Shirvan)

 ユニークで豊かなモチーフ構成のシャーバン絨毯は幾何学的なパターンをしています。よく使われるモチーフは、魅力、豊穣、生産性というテーマです。これらは高品質の遊牧民絨毯で、他の遊牧民絨毯と比べさまざまな色が使われていることが特徴です。

Containing unique and rich motif composition, these carpets are all geometrically patterned. The most common motifs used are those of charm ,fertility and productivity. They are among the quality nomadic carpets and rare as multi-colored as all other nomadic carpet.

ヤージベディル(Yagcibedir)

 ヤージベディル絨毯はエーゲ海地方の山脈部分の、マジラー、イスラムラー、カラケチリ、イェニキョイ、カラオバ、コカオバ(「オバ」は「遊牧民のテント」を意味する)の遊牧民が住む村で作られています。伝説によるとヤージベディルは、カイセリ出身のバター売りで、収入の足しに素晴らしい絨毯を作っていたといいます。彼は訪れた村に技術を伝え、村で生産が始り、人々は彼の名前を絨毯につけたそうです。横糸、縦糸、ノットは、純粋な子羊の羊毛を使用し、ループは模様がはっきりとわかるように短く切断します。よく使われる色は藍色、深紅色、そして時にクリーム色、茶色、より明るい赤やピンクが使用されます。時が経つほど、素晴らしさを増し、深い赤が美しい柔らかいちゃいろになります。

Yagcibedir carpets are produced in the mountainous areas of the Aegean regions, in the nomad inhabited villages of Mazilar, Islamlar, Karakecili, Yenikoy, Karaoba and Kocaoba (the oba ending means 'nomad tent"). According to the legend Yagcibedir was a butter seller from Kayseri who made excellent quality carpets to supplement his income. He shared his skills with the people of the villages he visited, so when they started to produce, they named their carpets after him. The warp, weft and knots are made of pure lambswool, and the pile is clipped short to allow the pattern to be clearly seen. The dominant colours are dark indigo blue and rich madder red, sometimes with the inclusion of cream, brown, softer shades of red and pinks. As the carpets age they become more and more lovely, as the dark reds fade to a beautiful softred-brown.


Village
ベルガマ(Bergama)

 ベルガマは国の北西部にある小さな街で、およそ80の村がベルガマ絨毯を織っています。この古代の都市は、アナトリアの最も勢力のある豊かな地方の一つでした。この地方の絨毯織りの歴史は非常に古くまで遡ります。ベルガマ絨毯は全て赤い横糸を使用し、羊毛の材質を組み合わせて作られています。主に深い赤と青の2色が使われれています。羊毛が赤に染められた部分は、時間が経つと厚みがなくなり、そのため青いモチーフが浮き上がってみえるようになります。

Bergama is a little town in northwest part of the country, here there are approximately eighty villages which weave Bergama carpets. This ancient city was one of the most powerfull (powerful?) and richest region in Anatolia. The history of carpet waving in this region has a very old background. Bergama carpets have always been woven as wool on wool material combination while wefts are all red. They consist mainly of two colours, the dark reds and blues. In these rugs red colour, which is used for dyeing the wool yarns, makes the pile less thick than the rest of the surface after a certain time, so blue motifs appear higher.

ミラス絨毯(Milas Carpets)

 何世紀もミラスでは絨毯織りがされています。いくつかのモチーフのいくつかはオットマン帝国まで遡ります。ミラスはまたエーゲ海地方の重要なタバコの産地でもありました。タバコの葉は、植物性の染料を作るのに使用されます。これらの絨毯の特徴的な色は、濃い黄色と淡い茶色です。高品質の手で紡がれた滑らかな羊毛が、縦糸、横糸、ノットに使用されています。淡い色合いを使用した、とても装飾的な絨毯です。

Carpets have been woven in the Milas district since centuries. Origin of some motifs go back to Ottoman times. Milas is also an important tobacco growing center in the Aegean region. Tobacco leaf is used to make vegetable dyes. Dominant colors of these carpets, which usually contains a mosque niche, are dark yellow and light brown. A high quality, hand spun, silky fine wool is used in warp and weft as well as knots. With its pastel colors, it is a very decorative carpet.

ニーデ-カルス(Nigde - Kars)

 アクサライ地方は、重要な絨毯の生産地です。13世紀のアラブの旅行者が、この地方の絨毯はエジプト、シリア、イラク、イラン、インド、中国に輸出されたと記述しています。素晴らしいさまざまな種類のカルス絨毯が今でもニーデで生産されています。この土地の織物技術によりこれらの絨毯は柔軟に仕上がり、また淡い色合いが人気があります。

The Aksaray district is an important carpet production center. The 13th century Arab travelers wrote that the carpets of this district were exported to Eygpt, Syria, Iraq, Iran, India and China. Still preserving its significance, a different version of Kars carpets have been produced in Niğde. The weaving method there has added some softness to these carpets, which are popular also for their pastel colors.

タシピナール(Tashpinar)

 タシピナールはニーデの絨毯織り地区の小さな村です。ニーデはトロス山脈を横切る幹線道路沿いにあります。タシピナールは厚みのあるループの、高品質の羊毛でノットを作った素晴らしい絨毯を作ります。特徴的な青と赤の地に、明るい色調で繊細なモチーフが陽気に描かれます。タシピナール絨毯は、アナトリア絨毯の最も美しい絨毯のひとつです。よく手入れがされてきた古いタシピナール絨毯は素晴らしい絹のような品質です。羊毛の羊毛脂が表面に浮いてくることで、柔らかく豪華なベルベットのような輝きを与えます。新しいタシピナール絨毯は、古いものと同様の豊かな色合いで作られています。

Tashpinar is a small hamlet in the carpet weaving areas of Nigde. Nigde is one of the main roads that cross the Taurus Mountains. Tashpinar produces excellent carpet of a thick pile, knotted in high quality wool. They have a predominantly blue and red field enlivened by delicate motifs in lighter shades. Taspinar carpets are amoung the most beautiful of all Anatolian carpets Well cared for, old Taspinars have a wonderful silk like quality. As the lanolin in the wool rises to the surface it gives the pile a soft rich velvety sheen. New taspinars are made in the same rich colours as old ones.

ヤハヤリ(Yahyalı)

 カッパドキアの最も大事な絨毯織の場所であるヤハヤリは、深い赤や深い青などの濃い色を使用して織ります。これらの絨毯は均等に割り付けられた模様、特徴ある羊毛と質の高い製造技術で有名です。ヤハヤリで使用される天然染料は、ブドウの葉、野生のミント、クルミの殻、クロウメモドキです。

One of the most important carpet weaving centers in Cappadocia, Yahyali's weavers use deep color like dark red and dark blue. These carpets are renowned for a balanced distribution of motifs, their unique wool and quality craftsmenship. Natural dyes used in Yahyali are those produced from wine leaves, wild mint, walnut shell and buckthorn.

工房<Workshop>

ヘレケ羊毛
Hereke Wool

 オットマン帝国のスルタンは、素晴らしい製造技術で有名な絨毯織り地区を一箇所、マルマラ海沿岸に移動させました。ヘレケ絨毯工房はこのようにして、1891年宮廷の絨毯だけを織るために設立されました。皇帝に贈られる絨毯も、この工房で織られました。その結果、ここで生産される絨毯は、絨毯織りの歴史の中で、最も素晴らしいものとなっています。

Ottoman Sultans transported one of the carpet weaving centers distinguished for its superior craftsmenship to the Marmara coast. The Hereke carpet workshops were thus established in 1891 to weave carpets for the palace only. Carpets to be presented to the emperors of as gifts were also loomed at these workshop. Consequently the carpets produced there have been among the finest examples in the history of carpet weaving.

 オットマン帝国のスルタンに寄進される衣服や、宮廷の内装品の布地は、宮廷の床を飾る絨毯と共に、この工房でのみ製造されるようになっていきました。絨毯と布地の間で、モチーフやデザインがそれぞれ混じるようになりました。このようにして、、ヘレケのモチーフは統合されるようになっていきました。織物品質は、スルタンが管理していました。

Both carpet and fabric weaving crafts advanced to such extent that fabric weaving for Ottoman Sultan's dresses and the internal decorations of the place as well as the carpets decorating the palace floors began to supplied exclusively from these workshops. A mutual exchange of motifs and designs between the carpet and fabric weavers also developed. This process led to an integrity of motifs in Hereke. The quality of weaving was also under the control by the sultans.

 ヘレケ絨毯は、最も美しいモチーフで装飾され、自然への愛情に深い意味を持つオットマン文化の存続を表しています。これらのパターンは永遠から生まれ、絨毯の一つの縁からもう一つの縁へと続き、また永遠の中に消えていきます。自然の花と花束が、ヘレケ絨毯に欠かせない模様です。

Hereke carpets are decorated with the most beautiful motifs, pointing to the continuity of the Ottoman culture in which love of nature has a special significance. Their patterns emerging from infinity, come into the carpet through one border and then go out through another, disappearing again into infinity. Natural flowers and bouquets are permanant (permanent?) patterns in Hereke carpets.

カイセリ羊毛
Kayseri wool

 カイセリは、綿の上に羊毛で、広間用などの大規模な絨毯を織るアナトリアの3重要地区のひとつです。横糸、縦糸が綿で、ノットが羊毛です。宮廷の絨毯として愛用されてきたその起源はセルジューク時代にまで遡ることができます。セルジューク絨毯の織物技術は13世紀、14世紀に最盛期を向かえ、キャラバン隊の東西貿易ルートがアナトリアを経由する時、これらの絨毯は、ビザンチンや、遥か西まで運ばれました。この地区は何世紀にもわたって、絨毯織りの盛んな地区でした。他の地区同様、カイセリにも独特の模様や色があります。

Kayseri is one of the three important districts in Anatolia where large size wool on cotton carpets for halls are produced. The warp and the weft is cotton, the knots are wool. Representing the continuation of the first examples of palace carpets, the origins of their designs date back to the period of Seljuk. Seljuk carpet weaving reached its peak in 13th and 14th centuries within caravans carried their carpets ot (to?) Byzantium and the far west as the eastwest trade route passed through Anatolia. This district has remained a carpet weaving center for centuries. Just as in all other centers, Kayseri has also its unique patterns and colors.

ウシャク
Oushak

 文書によると、大型のメダル型の絨毯(これはトルコスターのウシャクの変形)は、15世紀から絨毯織りの拠点として知られている西部アナトリアの町、ウシャクで織られていました。メダル型の絨毯を含む多くの絨毯のデザインが数多く見つかっています。多くが着色した羊毛と特別なデザイン要素を使用しており、メダル型ウシャク絨毯と同様の技術が使用されています。これらの絨毯はウシャク地区で製作されたものです。スター、ウシャクは、大きな星型のメダルにちなんで名付けられたもので、小さなダイアモンド型で飾られる場合もあります。初期のホルバインとロットの絨毯のように、互い違いにこれら二つの要素が並べられています。ウシャクのメダル形、それを埋めるアラベスク模様、メダル形の間を生めるつるや小さな花の模様といった装飾的な表現形式が、ホルバイン、ロットや、彼らより前の芸術家に表現された伝統からの、完全な出発を表しています。

According to documentary sources, large medallion carpets (of which the Turkish Star Oushak is a variant type) were woven in the western Anatolian town of Oushak, known for carpet weaving since the fifteenth century. A number of other carpet designs, including the star medallion pattern of this rug, are found in pieces which generally have wool, coloring, specific design elements, and technical features similar to the medallion Oushaks; these carpets can be assigned to the Oushak region as well. The Star Oushak is named for the large star-shaped medallions which alternate with smaller diamond-shaped units. The two elements are arranged, alternating in staggered rows, in the fashion of the earlier Holbein and Lotto rugs. But the decorative vocabulary of the Oushaks the medallion shapes, the arabesque forms filling them, and the vines and small-scale floral elements filling the interstices between the medallions--marks a total departure from the tradition represented by the Holbeins, Lottos, and their predecessors.

 早期のウシャクは、宮廷の芸術家によって書かれた図案の、オットマン宮廷の品物を表現しました。16世紀と17世紀は、ヨーロッパでさまざまなウシャク絨毯に対する高い需要が起こりました。最初のスターウシャクは、絵画に1534年に登場し、これは17世紀まで続きました。西洋におけるスターデザインの人気ぶりは、絵画に描かれる数の多さで実証されています。数多くがヨーロッパに輸出され、イギリスのノースハンプシャーのバウトンハウスで、1584年と1585年の日付がついた絨毯にデザインが複写されています。

The earliest Oushaks may thus represent Ottoman court products in which cartoons drawn by court artists were used. In the sixteenth and seventeenth centuries, a tremendous demand for various types of Oushaks developed in Europe. The first Star Oushak appears in a painting of 1534 and representations continue into the seventeenth century. The popularity of the star design in the west is attested to by the number of examples in paintings, by the apparent quantity exported to Europe, and by European copies of the design--carpets dated 1584 and 1585 at Boughton House, Northamptonshire, England.

トルクメン絨毯
Turkmen "Turkoman" Carpets

 私たちの工房で織られるトルクメン絨毯は、子羊の毛皮を使い、さまざまなさび色の色調で、トルコダブルノット技術を使用し作り上げます。

Origin is Türkmenistan but woven in our workshops by lambswool in different tones of rust colors using Turkish double knots.

名匠工房
Master Workshop

 名匠工房は、有名なデザイナーや芸術家が指揮をとる工房です。才能ある織り手が名匠のもとに集い、指導を受けます。この環境で、非常に珍しい絨毯が織られます。多くの絨毯が絵画のようです。名匠工房から生まれる絨毯は、非常に繊細なノット、正確なパターン、均一な色調、最高の材質を使用し、技術的に完璧なものです。

Master workshops are specialty workshops run by usually a well-known master designer/artist. The rug weavers are talented students who are directed by the master designer. In this setting very unique rugs are woven. Many of these rugs look like paintings. Master workshop rugs are technically perfect with very fine knotting, exact patterns, uniform color tones, and the very best materials.

 名匠工房では、何が売れるかより、芸術性に重きを置きます。これらの繊細な絨毯は、芸術を生むために作られます。多くの名匠工房の絨毯はギャラリーや博物館で展示されています。

Master workshops pay attention to the artistic aspect of weaving rather than the market demand. These intricate rugs are woven for the purpose of creating art. Many master-workshop rugs are displayed in galleries and museums.

カイセリ絹(Kayseri Silk)

 カイセリはブルサ絹加工の重要な拠点のひとつです。何世紀にもわたる絨毯織りの伝統が、最も高品質の、純粋な絹製絨毯をカイセリで生んできました。アナトリアの中央、貿易ルートの交差点に位置し、東との貿易と芸術の交流が絨毯に顕著に表れています。タブリーズモチーフがカイセリ絨毯でみられるように、数え切れないトルコのモチーフが、カイセリを通じてペルシャに伝わっていきました。

Kayseri is one of the most important centers for processing Bursa Silk. In the centuries old tradition of carpet weaving has created the best quality, pure silk carpets in Kayseri. Owing to its location right in the center of Anatolia and at the crossroads of trade routes, the district has the highest level of trade and artistic interaction with the East. As Tabriz motifs can be found in Kayseri carpets, countless Turkish motifs have been passed onto Persian carpets via Kayseri.

ヘレケ絹(Hereke Silk)

 1891年、オットマン帝国のスルタンにギョルデス、デミルチ、スィヴァスから絨毯の熟練工がヘレケに招聘され、工房が開始しました。これらの名匠は、この地区の村人に絨毯織りの技術を教え、ヘレケは重要な絨毯織りの拠点となっていきました。宮殿の絨毯や外国の政治家に贈られる絨毯はここで織られました。ブルサ絹で織られるこれらの高品質の絨毯は、今日世界で最も賞賛を集めています。平方センチメートルあたりの平均ノット数は100です。横糸、縦糸、ループが正絹で作られ、バラや、カーネーションや、チューリップなど、自然の美しい花々(1001種)模様で飾られています。

In 1891 carpet masters called in from Gördes, Demirci and Sivas by the Ottoman Sulatns, began to work at the workshops established in Hereke. These masters taught their carpet weaving skills to the villagers in the area, thereby transforming the district of Hereke into an important carpet weaving centre. Palace carpets and those to be presented as gifts to foreign statesmen began to be loomed there. These high quality carpets, woven in Bursa silk, are the most prized carpets in the world today. They have an average of 100 knots to the cm2. The warp and the weft as well as the knots are in pure silk, decorated with patterns of the most beautiful flowers (1001 flowers) of nature, such as roses, carnations and tulips.

ヘレケ高級絹(Fine Hereke Silk)

 ヘレケ高級絨毯のデザインとモチーフは、100年の歴史の産物です。平方センチメートルあたり225-289-324ものノットがあるヘレケ絨毯は、値がつけられないほどの価値があります。何年もの間、名も知れぬ職人により生み出された至高の芸術品は、コレクターの垂涎の的です。ひとつひとつがユニークでオリジナルなため、同じようなものをみつけるのは非常に難しくなっています。これらヘレケで織られる絹の絵画は、トルコの誇りの源で、あまりの美しさに世界の芸術家が嫉妬するほどです。絹自体が高貴さの象徴であり、繊細に仕上げられ、「世界で最も貴重な絨毯」と呼ばれるに相応しい絨毯となります。

The designs and the motifs of fine Hereke silk carpets are products of a 100 year old craft. Some Hereke carpets, which have 225-289-324 and more knots to the square centimeter, have an immeasurable value. These masterpieces of art, produced as a result of years of work by unknown craftsmen, are among the carpets most sought after by collectors. As each one is unique and original it is very difficult to find the second one of the same type. These silk paintings woven in Hereke, a source of pride for Turkey, are so beautiful that the world's artists can only envy. For silk itself is a symbol of nobility and, combined with such fine work, these carpets justifiably preserve the title of "the most precious carpets in the world".

シンボルとモチーフ解説集<Glossary of symbols and motifs>

 アナトリアの女性や少女たちはノットによりそれぞれ意味があるモチーフに仕上げ、自らの感情や思いを絨毯に託してきました。

Anatolian women and girls transpose all their feelings and thoughts onto their carpets by transforming the knots into motifs and attributing certain meanings to each one of them.

 絨毯やキリムを所有するということは2つの意味があります。まずは、調和が取れた色合いの心が躍るような模様の美しい手工芸品が家を飾るということです。次に、アナトリアに暮らす人々の生活の一ページを手にするということです。豊かでありながら、寂しくも消えゆく伝統の一ページです。歴史ある遊牧民の芸術を愛する人、遊牧民の言語を少し理解したい人々のために、基本的なモチーフの解説集を以下にご提供致します。

To own a carpet or kilim means two things. Firstly, it is having a beautifully crafted piece of art, with harmonious colors and exciting patterns, with which to decorate the house. Secondly, it is like taking a page out of an Anatolian native's life. A page out of a history of a rich, though sadly dying tradition. For those who enjoy the art of old nomadic pieces and would like to learn a little of their language, the following basic motif glossary is provided.

お守りと魔眼
Amulet, Evil Eye)

 見つめることで、人を傷つけたり、不幸を呼んだり、時には死をもたららしたりさえする力がある人がいると信じられています。

It is believed that some people possess a power in their glance which causes harm, injury, misfortune and even death.

 魔眼は所持する人を、邪悪なまなざしから守るさまざまなものです。このため、青いビーズ、野生のマスタード、ニンニク、貝殻、古いコイン、鉛、水銀、小さな亀の甲羅、銀色や金色の「マサラ」モチーフ(「神のご加護」という意味の金色あるいは銀色の刻銘)が使用されます。「ムスカ」は、所有者を危険な外部要因から守る魔術的、宗教的な力があると信じられています。通常これは三角のケースに入れて身につけます。

Evil eyes are various objects that reduce the effect of evil glance, thus protecting the ones who carry them. Blue beads, wild mustard, garlic, sea shells, old coins, lead, mercury, the shell of a small turtle, silver and gold 'Masallah' motifs (inscription of the word meaning 'God save him' on gold or silver) are used with this purpose. 'Muska' is a written charm which is believed to have a magical and religious power to protect the possessor from dangerous external factors. It is generally carried in triangular cases.

 アマトリアで、星のお守りといわれるソロモンの封印を含むさまざまなお守りと魔眼の図を下に掲載しました。

Various form of amulet and evil eye motifs including the Solomon's Seal which is called a star amulet in Anatolia are illustrated below:

豊穣
Fertility

 腰に置いた手や、ヤギの角のモチーフが男女を表します。豊穣のモチーフは、女性を表す「エリベリンデ」のモチーフと、男性を示す2つの「コチボユヌズ」のモチーフで構成されています。構図中央に位置する眼のモチーフは、邪悪な瞳から家族を守るためにあります。

Hands on hips and ram's horn motifs used together denote a man and a woman. The fertility pattern is composed of two 'elibelinde' motifs indicating the female and two 'kocboynuzu' motifs indicating the male. The eye motif in the middle of composition is used to protect the family against evil eye.

 豊穣を意味するさまざまなアナトリアのシンボルを下に列挙しました。

Variations of fertility motifs of Anatolian origins are presented below:

足かせ
Fetter

 足かせは、馬の前足を拘束し、逃げないようにするものです。それぞれの足かせは、60cmの鎖でつながれています。これらは「コステック」と呼ばれます。

Fetter is a sort of cuff placed on the front legs of horses to keep them from running away. The cuffs are connected to each other by a chain of 60 centimeters. It is also called 'kostek'.

 アナトリアの織り手の間では、これらは家族の絆や、恋人たちの強い愛情を示し、いつも一緒にいられるようにという祈りが込められています。

As used on Anatolian weaves, it symbolizes the continuity of the family union, the devotion of the lovers and the hope that they should always stay together. Various fetter motifs used in different regions of Anatolia are illustrated below.

箪笥-サンドゥクル
Chest – Sandikli

 このモチーフは通常、若い娘の嫁入り道具箪笥を象徴しています。この箪笥は夫の家で使用されるものなので、若い娘の期待と願いが、織り込まれ、結ばれ、刺繍されることになります。

This motif in general, symbolizes the trousseau chest of a young girl. Since the material in this chest is to be used in the husband's house, the expectations and hopes of the young girl are reflected in the pieces she has woven, knitted and embroidered.

 木製ゆりかごに刻印されたモチーフは、花嫁道具箪笥のモチーフと似ていることから、箪笥モチーフのジジムは通常、ゆりかごカバーに使用され、これは結婚して子供を持ちたいという願いを表しています。アナトリアの技術により表現されたさまざまなサンドゥクルのモチーフは以下の通りです。

Regarding the fact that the motifs carved on the wooden cradles are similar to the ones on the trousseau chests and that jijims having chest motifs are generally used as cradle covers, it can be stated that the motif stands of the desire to getting married and having a child. Sandikli motif is realized by numerous techniques in Anatolia as figured below:


Bird

 アナトリアでは、鳥のモチーフほどさまざまな意味が込められているものはありません。ふくろうやカラスは悪運を示します。鳩やナイチンゲールは幸運を表します。鳥は幸せ、喜び、愛情のシンボルです。また死者の魂をあらわす時もあります。鳥は知らせを待ちわびるものです。また、力と強さを表します。アナトリアの各地で王を象徴しています。

In Anatolia there is no other motif carrying so many different meanings than the bird motif. While birds like owls and ravens imply bad luck. Doves, pigeons and nightingales are used to symbolize good luck. Bird is the symbol of happiness, joy and love. It is the soul of dead. It is longing, and expectation of news. It stands for power and strength. It is the imperial symbol of various states founded in Anatolia.

 カタルヒュユクでは、ワシとコンドルは人間を襲う鳥として描かれています。ヒッタイト語でホロスと呼ばれるワシは、後に伝説的な意味を持つようになりました。アラジャホユックの入場門の両側には、スフィンクスに乗った2つの頭を持つワシのレリーフがあります。爪でウサギを捕らえている双頭のワシの図案は、後にセルジューク朝のシンボルとして使用されるようになりました。

In Çatalhöyük birds resembling eagles and vultures are described as animals attacking human beings. The eagle called Horos in the language of Hittites later assumed a legendary meaning. There is a relief of an eagle with two heads on the sphinxes standing at the two sides of the entrance door of Alacahoyuk. The theme of a double headed eagle holding a couple of hares in its claws was later used on the sign of the Seljukian State.

 神秘的な詩人、ユヌス・エムレは「われわれは離陸し、鳥になり、飛び立った。神よ!」という言葉で、神に近づく心を詠っています。ユヌスは死を「命の鳥が飛び立った」と表現しています。吟遊詩人のカラカオグランは、かごから飛び立つ鳥を死とし、「命はかごの中の鳥」と言っています。

In his lines "We took off, became birds and flew, Thank God!" mystic poet Yunus Emre is expressing the feeling of getting near to God. He describes death by the words "The bird of life has flown off". Minstrel Karacaoglan states that the bird flying away from off". Ministrel Karacaoglan states that the bird flying away from its cage is death by saying "Life is a bird in its cage".

 アナトリアの織物で使用されるさまざまな鳥のモチーフを下に図示しました。

Various bird motifs used on Anatolian weaves are illustrated below:

ゴボウ
Burdock

 ささくれだった植物のゴボウは、人々の服や動物の毛皮にくっつきます。そして邪悪な瞳を寄せ付けない能力があると信じられています。一方、「ゴボウのような」という言い回しは花がたくさんあることで、豊富さのシンボルとして小麦粉用の袋のモチーフに使用されています。

Burdock being a plant with burrs which stick to the clothing of people and the hair of animals. It is believed to be capable of warding off the evil eye. On the other hand, the fact that the term "like a burdock" means full of flowers, accounts for the use of this motif on flour bags as a symbol of abundance.

 下の図が、アナトリアのいろいろなゴボウのモチーフです。

The illustrations below are taken from various burdock motifs used in Anatolia.

十字
Cross

 邪悪な瞳から身を守るもう一つのモチーフが縦横の線で形成された十字です。アナトリア人は、十字は邪悪な瞳の力を4方向に散らし、弱くすると信じています。

Another motif used against evil eye is the cross formed of a vertical and horizontal line. According to the Anatolian belief the cross reduces the power of the evil glance by dividing it into four pieces.

 モチーフの起源はキリスト時代にまで遡ります。カタルヒュユクの壁画にいくつかの十字が描かれています。十字の変形のかぎ十字も非常に古くから使用されています。

The motif dates back far before Christianity. There are crosses in the wall painting of Çatalhoyuk. A variation of the cross, known as swastika is also being used since very early times.

 これらのモチーフはアナトリアで生産されるさまざまな工芸品で見つけられます。

Examples of this motif can be observed in various artifacts produced in Anatolia.

 さまざまな十字のモチーフです。

Here are several variations of the cross motif:


Dragon

 龍はライオンのような足、蛇のような尻尾、そして翼を持った神話上の生き物です。中央アジアのトルコ人は龍を、くちばし、羽、ライオンの足で表現しました。龍は空気と水を自由に操ります。龍と不死鳥の戦いが、春の豊穣の雨をもたらすと信じられています。

Dragon is a mythological creature whose feet are like the lion's, whose tail is like a snake and who has wings. The Turks of Central Asia stylized the dragon with a beak, wings and a lion's feet. The dragon is the master of air and water. The fight of the dragon and the Phoenix is believed to bring fertile rains of spring.

 そのため、龍はさまざまな織物、布、ミニチュア作品で雲として表現されています。

Therefore, the dragon is stylized as a cloud in many works of art including various weaves, textiles and miniatures.

 龍は大きな蛇で、生命の木など財宝や秘密を守るものと信じられています。長い間人々は、月の満ち欠けは龍が原因だと信じてきました。

Dragon, believed to be a great serpent, is the guard of treasures and secret objects as well as the tree of life. For many years people believed that the cause of lunar eclipse was dragon.

 さまざまなモチーフを以下に示しました。

Variations of the motif are presented in the illustrations below:

イヤリング
Earrings

 イヤリングはアナトリアでは結婚式の贈り物として欠かせないものです。このモチーフを使い少女は、家族に結婚したいというメッセージを伝えます。

Earrings are indispensable as a wedding present in Anatolia. A girl using this motif is trying to inform her family that she wants to get married.

 アナトリアのさまざまな地区で使用されているイヤリングのモチーフは以下の通りです。

Earring motifs used in various parts of Anatolia are illustrated below:

眼-ゴズ
Eye – Goz

 邪悪な瞳は、もともと人間のものです。邪悪な眼からの危害を防ぐには、人間の眼で対抗することが最良の策と信じられています。

The source of an evil glance is the human eye. It is believed that the harms it may cause can best be prevented again by a human eye.

 4つに分けられたダイアモンドは、織物でよく使われる眼のシンボルです。三角も眼のシンボルとして使用されます。眼のモチーフの中には、正方形や長方形を使うものもあります。

A diamond divided into four is quite a common representation of the eye as used on weaves. A triangle is a stylized form of the eye. Some eye motifs are formed of squares and rectangles.

 織物の眼のモチーフは、地域によって異なります。以下はさまざまな眼のモチーフです。

The eye motif used on weaves differ from one region to another. Here are various forms of 'eye' motif:

家紋
Family Signs

 歴史上、トルコ人は特定の印を家紋として使用してきました。家紋は墓のほか、織物にも使用されました。

Throughout the history, Turks have used specific figures as a family sign. They have used their mark on their weaves as well as their grave stones.

 ムガール人の歴史家レジドゥチンの著書「Cami-ut Tevarih」と、カスガリ・ムハマトの残した辞書「Divanu Lugat-it-Turk」に、オウズ族のそれぞれの部族が異なる紋章を持っていることが記載されています。この家紋に非常に似た紋章がついた織物がたくさんあるので、これらの部族はアナトリアに移民した後もこれらの紋章を使い続けたに違いありません。

Mogul historian Residuttin, in his book Cami-ut Tevarih and Kasgarli Mahmut in his dictionary Divanu Lugat-it-Turk state that each Oguz tribe had a different sign. Those tribes should have continued to use their sign even after migrating to Anatolia, because many of the weaves bear motifs similar to those signs.

「Divanu Lugat-it-Turk」に記載されているオウズのカイ、サルール、バグダズ、バヤット、アブサール、ヤジール、ウードゥル、アイミール、アラユンル、べシーン、カブルダール、セプニ部族の紋章は、以下の通りです。

Signs of Oguz tribes listed in Divanu Lugat-it Turk are illustrated below stand for Tribes Kayi, Salur, Bagduz, Bayat, Avsar, Yazir, Igdir, Eymir, Alayunlu, Becene, Cavuldar and Cepni.

 「Cami_ut Tevarih」に記載されているオウズのカイ、サルール、バグダズ、バヤット、アブサール、ヤジール、ウードゥル、アイミール、アラユンル、べシーン、カブルダール、セプニ部族の紋章は、以下の通りです。

Signs of Oguz tribes as mentioned in Cami_ut Tevarih and illustrated below stand for the Tribes Kayi, Salur, Avsar, Bagduz, Bayat, Yazir, Eymir, Igdir, Alayundlu, Becene, Cavuldar, Cepni, Dudurga, Bayindir, Beydili and Yuva.

狼の口、狼の足跡、怪獣の足
Wolf's Mouth, Wolf's Track, Monster's Feet

 鳩の尻尾としても知られるクルトアジズ(狼の口)は、さまざまな木工細工の角を接着する三角の備品に使用されます。この場合、モチーフは足かせモチーフ同様、結束への願いを表します。しかし、織物に使われると違う意味を持つようになります。

Kurt agzi, also known as dove tail, is a term used in joinery to indicate the triangular fittings connecting the corners of various woodwork. In this context, the motif expresses, like in the fetter motif, the wish for solidarity. But its use on weaves serves a different purpose.

 アナトリアにおいて、絨毯以外で櫛押し織機を使用するのは、遊牧民か、それに準じる部族で、基本的な経済的活動は牛の繁殖であり、最も脅威となるのが狼の攻撃です。これらのモチーフは、狼に対するお守りとして使用します。そのため、邪悪な眼に対する守護神のカルカックという貝殻の神様は、地方によってはクルトアジズと呼ばれます。

In Anatolia all press comb weaves except rugs are produced by nomad or seminomad tribes whose basic economic activity is cattle breeding, and the primary threat is the attack of wolves. People use those motifs as a means of protection against the wolves. In fact, a king of sea shell called calkak which is used as a protection against evil eye, is called kurt agzi in some regions.

 アナトリアでは、怪獣は荒々しく動物を襲う伝説の生き物とされています。龍やジャイアントという言葉より、狼や蛇という言葉がよく使われます。しかし、怪物の足として知られるモチーフは、龍を象徴したものです。

In Anatolia, a monster is a legendary creature believed to be a wild, rapacious animal. The word implies a wolf or a snake rather than a dragon or a giant. However, the motif known as the monster's feet obviously symbolizes a dragon.

 さまざまな工芸品で使用される狼の足跡のモチーフは以下の通りです。

Variations of the wolf's track motif as used in different artifacts are show in illustrations below:

ヘアバンド
Hair Band

 アナトリアの女性はさまざまな感情を髪型で表現します。新妻は、髪を編み、「ベリック」と呼ばれるさまざまな色の髪飾りを結びます。

Anatolian women express many of their feelings by their hair style. The newly married young women plait their hair and tie threads of different colors at the end of each plait called 'belik'.

 ヘアバンドのモチーフは結婚願望を表します。女性が自らの髪の毛を織物に使用するときは、不死への願いを表しています。

Hair band motif indicates the desire to get married. If the woman uses some of her hair in weaving, she is trying to express her desire for immortality.

 ヘアバンドは通常、結婚式の花嫁の装飾として使用されます。ヘアバンドは黒い紐、毛糸、二重により合わせた絹糸、馬の尻尾、ビーズ、貝殻、金色の糸、珊瑚を使用します。

Hair band, in general, is an ornament used by the bride in the wedding ceremony. Hair bands are made of black cord, wool, doubly twisted silk thread, horse tail as well as beads, sea shells, golden thread and corals

 織り手の感情を表すヘアバンドの各地方のモチーフを以下に示しました。

The type and form of the hair band and the motifs used to represent it changes according to region expressing the weaver's mood as illustrated below:

手、指、櫛
Hand, Finger, Comb

 片手の指の数、5が、邪悪な眼からのお守りとして使用されています。

The number of fingers on the hand, which is five, is used as a protection against evil eye.

 アナトリアでは、豊穣と母性の概念は、誕生と非常に近い意味があります。この関係はキュベレーや処女マリアにその源をみることができます。イスラム教時代、「マザーファトマ」や「マザーファディメ」の名前で象徴化されていました。「マザーファディメの手」と呼ばれるモチーフはアナトリアの織物で幅広く使われています。

In Anatolia the concepts of fertility and motherhood which implies birth are closely related. This relation can be traced back to Kybele and Virgin Mary. During the Islamic period it was symbolized by the name of "Mother Fatma" or "Mother Fadime". The motif called "Hand of Mother Fadime" is widely used in Anatolian weaves.

 手のモチーフは、魔力や邪悪な眼に対抗するものとして使用されています。同様のモチーフがカタルヒュユクの祭壇の壁から、ハチラーから見つかった鉢にあり、この模様がかなり前から使用されていたことがわかります。

Hand motif is used against spell and evil eye. Similar motifs used on the wall of the altar at Catalhoyuk, and on the bowl found in Hacilar indicate that the use of this theme dates back to very early times.

 櫛のモチーフは、主に結婚と出産に関係しています。結婚願望を表し、また邪悪な眼から誕生を結婚を守るために使用されます。アナトリアにみられるさまざまなこのモチーフを以下に示しました。

Comb motif is largely related with marriage and birth. It is used to express the desire for getting married and to protect birth and marriage against evil eye. Anatolian variations of this group of motifs are illustrated below:

腰に手をあてている人
Hands on Hips

 基本的なデザインでは女性ですが、このパターンは、アナトリアではさまざまな名前で呼ばれています。例えばジェリン・キズ、コククル・キズ、アマン・キズ、カラドセメ、セレセール、カークル・キズ、センゲル、サルマール、カクマクリ、イゲル・カシ、ツルナ・カタリという名前がそうです。これらは母性と豊穣の象徴です。

Although the basic design is a stylized female, this pattern is known by various names in Anatolia. Some of which are gelin kiz, cocuklu kiz, aman kiz, karadoseme, seleser, kahkullu kiz, cengel, sarmal, cakmakli, eger kasi, turna katari. It is the symbol of motherhood and fertility.

 このモチーフの始まりはアンカラ近くのアハラチベルで紀元前3000年の母なる神の像に遡ります。ここに織物のモチーフと使用されたさまざまな形を掲載します。

To observe the evolution of the motif we start with a mother goddess statuette of 3000 B.C. found in Ahlatlibel near Ankara. Here are different variations of this form applied on weaving yields.

 アハラチベルでみつかったもう一つの母なる神の像も同様の過程を経て変化し、以下にみられるようないくつかの形で織物に表現されています。

When the same process applied to another mother goddess statue also found in Ahlatlibel, it is observed that the original form has gone through several changes yielding the motifs illustrated below:

 以下に並べられたモチーフの最終形は、カンキリ、アデナ、カイセリ、アンタルヤ、ニーデのキリムにみることができます。

The final form of the motif represented below, can be traced on kilims from Cankiri, Adana, Kayseri, Antalya and Nigde.

フック
Hook

 邪悪な瞳に対抗するためのもう一つのアナトリアのモチーフはフックです。これは、また「カクマク」「エギリ・アラ」「バリク」「ククック・カラ・バリク」とも呼ばれます。

Another Anatolian motif used against evil eye is the hook. It is also called "cakmak", "egri ala", "balik" and "kucuk kara balik".

 「ゴヌル・センゲリ」と呼ばれる変化形が幅広く靴下用に使用されており、これは結婚を示唆するものです。

The variation called "gonul cengeli" is mostly used on stockings and implies marriage.

 このモチーフのさまざまな変化形を以下に記載しました。

Various applications of this motif are presented in the illustrations below:

愛と調和、イランイラン
Love and Unison, Ying-Yang

 これは、男女の調和を示唆する極東からアナトリアに伝わった二元論のシンボルです。

This is a symbol of dualism, inherited from the Far-East and imported to Anatolia where it suggests the harmony between a man and a woman.

 このモチーフは2色の反対色の組み合わせから構成されており、片方の色の点が、もう一方の色に混じり込むことで、完全に純粋な、誤りのないものはないことを表しています。アナトリア文化によると、数の2は、再生と豊穣を示唆しています。

The motif is composed of two opposing colors each having a dot in the color of the other indicating that in nature nothing is pure or free of error. In fact, even numbers, especially two, implies reproduction and fertility according to the Anatolian cultures.

 アナトリアの織物に使用されるさまざまな「イランイラン」モチーフは下記の通りです。

Various examples of the 'Ying-Yang' motif as used on Anatolian weaves are illustrated below:

流水-ス・ヨル
Running Water - Su Yolu

 流水は人間にとても重要なものなので、このテーマは芸術品に幅広く使用されています。使用目的により、パターンが変化します。石に削られるときは、角張った形ですが、織物に使用されるときは下記のように曲線か三角で表されます。

Since it has a great importance for mankind, the theme of running water is widely used on works of art. The pattern varies according to the material on which it is applied. When carved on stone, it assumes an angular shape, while it is curvilinear or triangular on weaves as illustrated below:

羊の角
Ram’s Horn

 このモチーフは、豊穣、英雄的行為、力、男らしさの象徴として使われています。またこれらはボイヌズル・ヤニス、ボイヌズル、コクル・ヤニス、ゴズル・コク・バシとも呼ばれています。

This motif is used as a symbol of fertility, heroism, power and masculinity. It is also called boynuzlu yanis, boynuzlu, koclu yanis, gozlu koc basi.

 アフヨン産のキリム、アルダハンカルス産のキリム、アドゥヤマン産のジジムヘイベ、オルターカンキリ産のキリム、エラズー産のキリム、ミラス-ムーラ産の敷物、コンヤ産のキリム、カフラマンマラシュ産のキリムといったいくつかの例を下に掲載しました。

Some examples are motifs taken from a kilim (Afyon), a kilim (Ardahan-Kars), a jijim heybe (Adiyaman), a kilim (Orta-Cankiri), a kilim (Elazig), a rug (Milas-Mugla), a kilim (Konya) and a kilim (Kahramanmaras) as illustrated below:

 アナトリアの織物のさまざまな羊の角の図です。

Here are the illustrations of various ram's horn motifs in Anatolian weaves

さそり
Scorpion

 毒を恐れ、人々はさそりから身を守るためにさそりの形の宝石か、さそりの尻尾の装飾品を持ち歩きました。下のような織物に使用されたさそりのモチーフは同じ目的で使用されました。

Due to their fear of its venom, people used to carry jewelry in the form of a scorpion or decorated with the tail of a scorpion in order to protect themselves against this animal. The scorpion motif used on weaves, illustrated below, seek the same purpose


Snake

 人類の歴史と蛇は深く結びついています。全ての言い伝えには、イブが蛇から禁じられた果物をすすめられたことが含まれています。黒い蛇は幸せと豊穣のシンボルです。

The history of mankind is closely related with snakes. All the stories of existence include the theme of a serpent offering Eve the forbidden fruit. Black snake is the symbol of happiness and fertility.

 これらはアナトリアの織物に使用されている蛇のモチーフの数々です。

Here are various snake motifs used in Anatolian weaves:


Star

 アナトリア製の織物では星は通常幸せを意味しています。天国を示唆するためにミニチュアや織物など多くの作品に使用されているのは、星ではなく、雲や龍、不死鳥です。

The star motif on an Anatolian weaving generally means happiness and does not imply heaven for which a cloud, a dragon or a phoenix is used in many works including miniatures and other textiles.

 六角星はソロモンの封印として広く知られており、アナトリアではソロモンの時代よりずっと前にフリギア人が生きていた頃から使われてきました。そのため「ソロモンの封印」が示唆する意味以外の意味があると推定することも間違いではありません。星が母なる神の子宮を象徴することを考慮して、モチーフは豊穣と関係があると言われてきました。

The six pointed star generally known as the Solomon's Seal is being used in Anatolia since the time of the Phrygians who lived long before the time of Solomon. Therefore it wouldn't be wrong to deduce that it carries a meaning other than what is implied by 'Solomon's Seal'. Taking into consideration the mother goddess statues where the star symbolizes the womb, it could be said that the motif is related to fertility.

 技術的難しさから、五角星は、敷物だけに使用されてきました。たいてい星のモチーフは以下のように8つか、それ以上の角があります。

Due to technical difficulties, star motifs having five points are used only on rugs. Usually star motifs have eight or more points as illustrated below:

命の木
Tree of Life

 木は唯一神を信仰する宗教に良くみられるテーマです。不死をもたらすと信じられている果物は、全ての死を免れない人間には禁じられていましたが、蛇はイブに食べるようにそそのかしました。人類は、不老不死の果物を食べることができず、死後の世界への望みを命の木に託しています。文化によって、生命の木を象徴するものは、イトスギ、ナツメヤシ、パーム、ザクロ、イチジク、オリーブ、ブドウ、ブナ、オークと異なります。アナトリアでは、主にイトスギが使用されています。命の木に鳥がとまっている模様は広く使われています。これらの鳥は命の鳥で、時が来ると飛び立ちます。この模様は墓石にも使用されます。下の図はアナトリアのさまざまな命の木を図示しています。

The tree is the common theme for all religions believing in a single god. Its fruit which is believed to bring immortality, is forbidden to all mortals when the serpent waiting the tree had convinced Eve to eat it. Mankind, unable to eat the fruit of immortality, put all their hopes on the life after death symbolized by a tree of life. Different cultures have used different plants such as cypress, date, palm, pomegranate, fig, olive, wine, beech and oak to symbolize the tree of life. In Anatolia the prominent figure is a cypress tree. The birds on the tree of life is a widely used theme. They are the birds of life which will fly when the time comes. This theme is also used on the gravestones. Illustrations below display various tree of life motifs in Anatolia:

絵画に見るアナトリア絨毯<Anatolian Rugs in Paintings>


ロレンツォ・ロット<Lorenzo Lotto>


ハンス・ホルバイン(子)<Hans Holbein The Younger>


ハンス・メムリンク<Hans Memling >


ジャン・ファン・アイク<Jan Van Eyck>

クリーニングとお手入れ<Cleaning&Care>

 絨毯をきれいに保つ一番の方法は最初から汚さないことがベストですが、絨毯として使用する以上は残念ながらそうはいきません。絨毯を使用する多くの国々で慣習として見られるように、もし自宅内でも靴を履くような生活様式でしたら、室内では靴を脱ぐようにするのがいい方法でしょう。外履きの固い靴底、スパイクやヒールは、裸足や靴下履きの足元に比べ絨毯を痛む結果となります。玄関で靴を脱ぐことで室内の汚れがずっと少なくなります。

The best way to keep a rug clean is to keep it from getting dirty in the first place. Removing outdoor shoes when entering the house (as people do in most rug-weaving countries) is a good idea if this accords with your lifestyle. Bare-foot or sock-foot traffic is much gentler to a rug than a hard outdoor-shoe sole (or spike heel), and leaving your outdoor shoes at the entrance to the house tracks in much less dirt.

 敷物は本当に必要な時にだけクリーニングして下さい。業者によるクリーニングは、状況により必要な頻度が異なり、年に1回程度の場合もあれば、数年、あるいはそれ以上に1度すれば充分な場合もあります。

Have your rug cleaned only when it really needs it. For rugs in some areas, this will mean a yearly cleaning. Rugs in other areas can go several years and more without needing professional cleaning.

 どれだけ敷物が汚れているかを判断するには以下の方法のいずれかをお試し下さい。

To judge how dirty a rug is, try one of these methods:

1.敷物の角をつまみ、持ち上げている間、絨毯の裏面を素早く足で蹴ります。もうもうと埃が立ち上るようであれば、敷物は汚れているので、クリーニングが必要です。注意:ある程度の埃や毛くずがでるのは普通です。

1. Pick up a corner of the rug and while holding it, kick the back of the rug sharply. If a cloud of dirt flies out of the pile, the rug is dirty and needs cleaning. NOTE: some dust and wool fibers are normal!

2.敷物に跪き、手で小さな円を描くように5-10秒、絨毯の毛を強く擦ります。その後ご自分の手を確認して下さい。もし汚れているようでしたら、敷物はクリーニングが必要です。

2. Kneel down on the rug and rub the pile vigorously with your hand in a short arc for 5 to 10 seconds. Look at your fingers and palm: if your hand is dirty, the rug needs cleaning.

3.敷物を、ループを上向きにして折り、織り目線に沿ってループを開くようにします。敷物のループの根元を確認して下さい。もしループが織り込まれている縦糸と横糸が汚れているようであれば、家庭用掃除機では取り除けないほど深い場所が汚れていることになります。その場合敷物はクリーニングが必要です。

3. With the pile facing UP fold part of the rug, back upon itself so that, the pile opens along a line of knots. Look down into the base of the pile at the foundation of the rug. If the warp and weft look dirty, there is dirt deep in the pile where a home vacuum cleaner cannot reach it. The rug needs cleaning.

ご自宅でのクリーニング方法
Clean It Yourself

 小さい敷物であれば簡単にご自宅でクリーニングして頂けます。晴れた日にユーティリティルーム、清潔な床の車庫、私道や舗装された屋外で行うのがいいでしょう。

It is easy to clean small rugs yourself. The process is best done in a utility room or garage (on a clean floor) or outside on a clean driveway or paved walk on a nice, sunny day:

• 両側によく掃除機をかけます。

• Vacuum both sides well.

• 敷物を低温の水と穏やかな液状洗剤または敷物用洗剤で洗います。(強い潜在、アンモニア水、アンモニア含有洗剤はお使いにならないで下さい。)まずは狭い範囲で色落ちテストをして下さい。柔らかい毛の長いブラシかまたは、固いスポンジを使用します。毛の方向に沿って、一方向にブラシをかけます。このとき力を入れすぎないで下さい。絨毯の表面全体を洗剤入りの水で濡らします。

• Shampoo the rug with cool water and mild liquid soap or rug shampoo (do not use strong detergents, ammonia water or sudsy ammonia water). TEST FOR COLOR RUN IN A SMALL AREA FIRST. Use a soft, longhaired brush or a firm, non-shedding sponge. Brush the pile firmly with linear motions in the direction of the nap: Do not scrub too vigorously. Wet the nap thoroughly with the soapy water.

• 同じ洗剤を使用し、縁の房飾りも洗います。洗濯用ブラシを使用し、外側に向かって何度かブラシをかけて下さい。

• Wash fringes with the same soap solution. Use a laundry brush and brush repeatedly away from the pile.

• 流水で洗剤をよく落とします。

• Rinse thoroughly with running water.

• 余分な水分を取ります。ゴム製の窓用ワイパーが便利です。水が出てこなくなるまで毛の方向に従って、何度かワイパーで水を絞って下さい。

• Squeeze out excess water--a rubber window squeegee works well. Squeegee the pile repeatedly in the direction of the nap until no more water is forced out.

• 平らにおいて、乾燥させます。毛が乾いたら、裏返して下さい。裏面はまだ濡れているでしょう。完全に乾かして下さい。

• lay flat to dry. When the nap feels dry, turn the rug over, the back is probably still damp. DRY THOROUGHLY.

• 乾燥後、毛並みが固いようだったら、優しくブラシするか、軽く掃除機をかけて下さい。

• if the pile feels a bit stiff when dry, brush gently or lightly vacuum.

敷物の救急処置
Rug First Aid

 何かをこぼした場合、広がらないように必ずすぐ処置するようにして下さい。

Always try to work on the spill so as not to increase the area of the spill.

食べこぼしとペットの尿(Food spills/Pet urine)

 最も一般的な汚れの中で、尿が一番やっかいな問題です。敷物の色落ちの原因になり、匂いはなかなかとれず、ごまかすことも難しくなります。尿はまた敷物の構造を化学的に損傷し、土台が固く、柔軟でなくなります。敷物に尿が残っていると、蛾をよぶようになります。何度も尿がかかると、敷物の土台の構造的強度がなくなり、曲げたりたたんだりした時にすぐ割れたり、損傷したりするようになります。

Of the most common spills, urine presents the most severe problem. It can cause severe color run in the rug, and the odor can be very hard to remove or disguise. Urine can also chemically damage the structure of a rug by making the foundation hard and less supple, and the presence of urine in a rug can help attract moths. Repeated wettings can cause the foundation of the rug to loose mechanical strength to the point where the rug cracks and breaks when rolled or folded.

 敷物が食べこぼしや尿で汚れた場合、汚れが乾く前に処置すると対応がずっと簡単になります。ペーパータオルか清潔な白い布を使用し、できるだけ水分を除去して下さい。できるだけ汚れを洗い落として下さい。

In case of a food spill or urine on a rug, the problem is much more easily handled if the spot is treated promptly, before the spill is allowed to dry. Blot up as much liquid as possible with paper towels or a clean, white cloth. Try to rinse out as much of the spill as possible.

 小さい敷物であれば、外でホースを使用し、水で流すことができます。(敷物全体を濡らさないように気をつけましょう。乾燥させるのに、長い時間がかかるようになります。)大きい絨毯の場合は、プラスチック製の洗い桶を絨毯の角か端におきます。あるいは、絨毯の汚れで濡れた場所の下にバケツか、プラスチック製のゴミ箱を置き、水で絨毯に通すようにします。(水をかける前に、入れ物の上に置いたカーペットにくぼみを作るようにして下さい。また入れ物に入る以上の水を注がないようにお気をつけ下さい。)約4リットルの水に対して1カップの酢を混ぜて下さい。酢が色落ちを防ぎ、匂いを中和します。

A smaller rug can be taken outside and rinsed with a hose and cool water (try not to saturate the whole rug--it will take much longer to dry if you do). With a larger carpet, the corner or edge can be laid in a plastic dishpan and saturated with cool water or a bucket or plastic garbage can be placed under the wet area of the carpet and cool water poured through the rug (make a hollow in the carpet over the container before you pour, and don't exceed the capacity of the container under the rug!). Add about 1 cup of white vinegar per gallon to the rinse water--vinegar helps prevent colors from running and will help neutralize the urine odor.

 敷物の汚れを取ったあと、水分を拭き取り、敷物用洗剤あるいは下記に記載する洗剤溶液を浸したスポンジで拭います。そして完全に乾かします。(カーペットの濡れた場所がよく風にあたるように、濡れた場所の下に椅子や台などの支えを置くことで、早く乾かすことができます。)

After the rug has been rinsed, blot dry and sponge with rug shampoo or with the solution given below. Let dry thoroughly (drying a wet area of a larger carpet can be hastened by arranging the carpet so that air can circulate both top and bottom--drape the end of the carpet across a lawn chair, or put a sawhorse or painted bench under the rug in the area of the wet spot).

ペットの糞と吐瀉物(Pet stool, regurgitation)

 敷物の上にペットが吐瀉した場合、まずは、食べ物、唾液、胃液の混じったものを除去する必要があります。含有される食品によっては、絨毯の毛色を変色させる染料として機能する場合があります。ペットが敷物の上で吐瀉や糞をしてしまった場合は、ペーパータオルか清潔な白い布を使用し、すぐにできるだけ汚れを除去するようにします。必要な場合はスプーンを使って、異物を掬い取るようにします。汚れた箇所の水分を拭き取り、すぐに何度か敷物用洗剤あるいは下記に記載する洗剤溶液を浸したスポンジで拭います。このとき強く擦らないようにして下さい。ループをいじりすぎると、汚れが広がってしまいます。スポンジは毛の方向に動かすものとします。

If a pet regurgitates on a rug, you are faced with removing a complex mixture of foodstuffs, saliva, and stomach acids. Depending on the foods involved, this mixture can actually work as a dilute dye to stain the pile a different hue. If a pet regurgitates or defecates on a rug, clean the area immediately by picking up as much material as possible with paper towels or with a clean, white cloth. If necessary, use a tablespoon to scrape up all the foreign material. Blot the area dry and immediately sponge several times with rug shampoo or with the cleaning solution listed below. Do not scrub hard--too much manipulation of the pile can spread the stain. Sponge in the direction of the nap.

スポットクリーニング洗剤溶液
• 酢1/4 カップ*
• 食器用液体洗剤1/2さじ
• ぬるま湯2 カップ
*ほとんどのオリエンタル絨毯が酸を使用し色を固定しています。洗剤に少量の酢を入れることで、洗剤溶液をより酸性にし、絨毯の染料と羊毛の結びつきを強め、色落ちを防ぎます。

Spot Cleaning Solution
• 1/4 cup white vinegar*
• 1/2 tsp liquid dishwashing detergent
• 2 cups tepid water
*Most Oriental rug dyes are acid-fast. By adding a little white vinegar to the wash water, you make the wash water more acidic, this reinforces the bond between the dyestuff and the wool in the rug, and so helps prevent the colors from running.

 最後に、汚れていた部分を冷たい、きれいな水を含ませたスポンジで拭います。吸水性のいいタオルか、固いスポンジを使用して下さい。毛の方向にスポンジをかけて下さい。床が濡れないように、汚れの裏面にタオルか何かを引いて下さい。完全に乾かして下さい。表面が乾いたようでしたら、敷物の裏面も確認し、完全に乾かすようにします。

Finally, sponge the area with cool, clean water to finish. Use absorbent towels or a firm, non-shedding sponge. Do not use a brush so stiff that it pulls fibers from the pile. Do not scrub hard at the pile. Sponge in the direction of the nap. Place some towels under the spot to keep floor or pad from getting wet. Dry thoroughly. When the nap feels dry, check the back of the rug to be sure, the area is completely dry.

水による損傷
Water Damage

 多くのオリエンタル絨毯は羊毛を使用していますが、綿製の縦糸と横糸を使用するものも多くあります。(縦糸はループを作るために結び付けられる土台です。横糸は横方向の強度を増すために、結び目が並ぶ間、横糸の上下に通されているものです。)敷物が繰り返し濡れて、きちんと乾燥されなかった場合、この綿の土台が弱まったり、中には腐ってしまう場合もあります。

Most varieties of Oriental rugs have wool pile, but many have cotton warp and weft (the warp is the foundation upon which knots are tied to create the pile; the weft runs over and under warp strings between rows of knots to strengthen the rug from side to side). This cotton foundation can be weakened, and sometimes actually rotted, if the rug is wetted repeatedly and not properly dried.

 そのような損傷が起こるよくある原因が、敷物に直接置かれた鉢植えの植物です。植物を定期的に水遣りをし、鉢から水分が漏れた場合、鉢の下の敷物はずっと濡れたままになってしまいます。2-3週間で敷物の土台が非常に弱くなり、その場所から簡単に手でループが抜けるようになってしまいます。敷物近くに植物を置く場合、鉢の下を確認できるよう、そして通気性を良くするために細い足のついたスツールや、キャスター付の台のご利用をお勧めします。植物に水遣りをした後、下の敷物がぜんぜん濡れていないか確認して下さい。

A common cause of such damage occurs when potted plants are placed directly on a rug. The plant is watered regularly, the pot leaks, and the rug under the pot stays permanently damp. Within two or three weeks the foundation of the rug can become so weak that chunks can be torn from the affected area by hand. If you use planters near a rug, try to place them on a slim legged stool, or a caster-based support that lets you see under the pot and allows for ventilation. After watering the plant check to be sure, the rug under it is completely dry.

 このほか、地下で使用した場合も水の被害を受けることがあります。もし地下で浸水があった場合、被害は明白です。すぐに敷物を撤去し、適切に洗浄し、完全に乾かすようにして下さい。水分を含んだ床面(例えばセメント塗りの床面上など)で使用した場合、知らぬ間に被害にあう場合があります。床を触って濡れているのがわからないような状態でも、縦糸と横糸に微生物が繁殖できる程度に湿って、敷物の土台が弱める場合があります。

Another form of water damage can affect rugs used in a basement or other area below grade level. If the basement floods the potential for damage is obvious. The rug must be removed quickly, properly cleaned, and allowed to dry completely. A more insidious form of damage can be caused by using a rug over a damp floor (as is often the case if the floor is cement). Even though the floor is not noticeably wet to the touch, there can be enough moisture to allow microorganisms to flourish in the material of the warp and weft and to degrade the strength of the rug's foundation.

 このような損傷を受けた敷物は、特に触った時に非常に固くなったと感じられるようになります。時には固くなりすぎで、丸めるのが難しくなる場合があります。折り曲げた時に、絨毯の背面から聞こえる音に注意して下さい。縦糸、横糸が切れたりはじけたりするような音が聞こえる場合があります。

A rug damaged in this way will often feel peculiarly stiff when manipulated. The rug will sometimes be so stiff it will be difficult to roll, and if you listen carefully to the back of the carpet when it is creased or folded, you can often hear the cracks and popping noises made by breaking warp and weft fibers.

蛾による被害
Moth Damage

 飛んでいる蛾が敷物を食べるようなことはありませんが、メスはそれぞれ何百もの卵を産み付けます。卵が孵化すると羊毛、毛皮、羽根、絹の繊維を食べるようになります。蛾と幼虫は暗い、人の行き来が少ない、掃除機が頻繁にかけられることがない部分で繁殖します。ひどく寄生された場合、蜘蛛の巣のような膜と、細かい砂のような残骸が見られます。寄生は一つの敷物に留まらない場合が多く、洋服たんすにかかっている毛糸製品や毛皮や、引き出しに収納されたセーターに広がったり、あるいは逆にここから敷物に繁殖が進みます。蛾による被害を受けた敷物の修復は難しくはありませんが、敷物の広範囲を再び織った場合、費用が高くつきます。

Flying clothes moths do not eat your rugs, but the females do lay hundreds of eggs each, and the eggs hatch into that consume wool, fur, feather, and silk fibers. Moths and their larvae thrive in dark, undisturbed areas where a rug gets little traffic and is not often vacuumed. A bad infestation sometimes leaves a cobweb-like veil in the area of the damage, along with fine, sand-like debris. An infestation often involves more than one rug, and can spread to (or from) woolens or furs hanging in a closet or sweaters stored in a drawer. A rug damaged by moths is not difficult to repair, but reweaving a large area of the rug can be expensive.

カツオブシムシによる被害
Carpet Beetle Damage

 蛾の被害と被害と症状が似ていますが、小さい(3mm程度)の茶色か、こげ茶の幼虫が原因です。カツオブシムシの幼虫被害は、通常、蛾の被害ほどは深刻でも大変でもありません。蛾の被害を防ぐ対策が、カツオブシムシ予防にも有効です。

Similar in appearance to moth damage, but caused by the larvae of a small (1/8" long), dark brown or brown-black insect. Beetle larvae damage is usually not as severe, nor as messy as moth damage. Strategies to prevent or treat moth damage will be effective against carpet beetles as well.

犬の噛み付き
Dog Chews

 子犬は歯の成長期に敷物を噛むことがよくあります。噛み付きによる破損を防ぐには、敷物に子犬を近づけないことが最善策です。敷物の端の裏に、防虫剤をまいておくと、犬が寄り付かなくなる場合があります。

Puppies tend to chew rugs because of tooth growth. The best way to prevent chew damage is to control the puppy by keeping it away from the rug. Sometimes sprinkling an ounce of moth flakes under the rug along the edges will help the dog keep his distance from the rug.

猫の引っかき傷
Cat Scratchings

 爪を切っていない猫が、習慣として敷物で爪を研ぐ場合、敷物は深刻な破損を受けることになります。犬の噛み付き同様、最良の防止策は猫の行動を管理することです。猫が敷物で爪を研ぎ始めた時に水鉄砲を使うことで、猫が敷物によりつかなくなる場合があります。

Cats, which are not declawed, can do significant damage to a rug if they habitually sharpen their claws on it. As with dog chews, the best prevention is to control the cat's activities. Sometimes a squirt gun (squirt the cat when it starts to scratch the rug) can be used to condition the cat to avoid the rug.

掃除機による損傷
Vacuum Cleaner Damage

 オリエンタル絨毯に定期的に掃除機をかけることは、たいてい良いことです。汚れた敷物は傷みが早く、定期的に掃除機をかけることにより、敷物表面の汚れがループの奥に入り込み、堆積して傷みが進むことを防ぐことができます。ただし、パワーブラシなど叩いて汚れを取る機能のヘッドがついた掃除機にはご注意下さい。これらの掃除機のパワーブラシは、機械織りのカーペットには効力を発揮します。しかし、これらの強力なパワーブラシをオリエンタル絨毯で使用しすぎた場合、表面の傷みの原因となります。もしパワーブラシ付の掃除機をお持ちでしたら、ご使用回数は控えめにして、オリエンタル絨毯には軽くかけるようにして下さい。通常のお掃除には、普通の掃除機ノズルをお使い下さい。特に房飾りにご注意下さい。房飾りには掃除機、特にパワーブラシのご使用はお控え下さい。ブラシにより房飾りが切れ、傷みが早くなります。ブラシの回転機能により、房飾りが巻き込まれることがよくあります。

In almost all instances, regular vacuuming of an Oriental rug with an electric vacuum cleaner is good for the rug--a dirty rug wears prematurely, and regular vacuuming helps prevent dirt on the surface of the rug from filtering down into the pile where it can accumulate and cause increased wear. Still, be careful with a cleaner equipped with a power brush or "beater bar"; these powered brushes in the vacuum head help the vacuum do a good job on machine-made carpeting, but they cause a raking effect on the top layer of an Oriental rug's pile if used too strenuously. If your vacuum cleaner has a power brush, use it only occasionally and lightly on your Oriental rug. For routine cleaning, use just the plain vacuum nozzle. This is especially important for fringes; try not to run an upright vacuum or a power brush attachment over fringes. The brush shreds the fringes and causes rapid wear. Frequently fringes are caught and chewed up by the rotating mechanism of the brush.

化学物質による損傷
Chemical Damage

 絨毯クリーニング店の古いトリックで、お客に敷物を返す前に綿製の敷物の房飾りを雪のように白く漂白するという手があります。(これは、房飾りがきれいに良く見えるようだったら、絨毯全体がきれいにみえるという考えによるものです。)残念なことに、塩素系漂白剤は、自然の風合いを損ねます。私たちはこれまで、房飾りが何度も漂白されたことで弱まり、ぼろぼろになってしまった一種「死んだ房飾り」の敷物を多く見てきました。もし房飾りを雪のように白くしたいのなら、漂白剤は希釈して使用し、必ず完全に洗剤をすすぐようにして下さい。

An old trick of some rug cleaners is to bleach the cotton fringe of a rug snowy white before returning the rug to the customer (on the theory that if the fringe looks nice and clean, the whole rug looks cleaner). Unfortunately, chlorine based bleach weakens natural fiber over time. We have seen many rugs with "dead fringe"--fringe so weakened by repeated bleachings that a tug on the fringe will tear away small bits. If you must have snowy white fringe, use a dilute bleach solution, and be sure to rinse the fringe very thoroughly.

日焼けによる損傷
Sun Damage

 絨毯の染色剤のほとんどは日焼けや漂白に対する耐性があります。それでも、紫外線は自然界における強力な力です。非常に日のあたる場所で何年も敷物をご使用になられた場合、敷物は色あせします。直接の日射を避けるために薄いカーテンをかけ、変色を均等にするために1年に1回、敷物向きを反対にすることをお勧めします。

Most rug dyes are quite resistant to sun fading or bleaching. Still, ultraviolet rays are a powerful force of Nature, and a rug will likely fade over time if used for years in a very sunny area. Consider sheer drapes to block some of the direct sunlight, and try to turn the rug end-for-end once a year to even out possible color changes.

損傷むら
Uneven Wear

 敷物は損傷や変色を均一にするために、1-2年に一度は向きを変えて下さい。床が平面でない場所でのご使用は避けるようにして下さい。(緩んでいる床板や、床面の切替部分など)突起部にあたる敷物の部分が、他の場所よりも早く痛むようになります。

A rug should be turned end-for-end once every year or two to even out wear and color change. Try not to use a rug on a very uneven floor. An area of the floor that is raised (a loose floorboard, a transition strip from one flooring material to another, etc.) causes the part of the rug that covers it to wear much more rapidly than the rest of the rug.

敷物の移動について
To Move a Rug

 大きな敷物の位置を調節するために動かす場合、力任せに縁飾りや端を引っ張るよりもいい方法があります。簡単な技ですが、敷物の端を持ち、30-60cm位の高さで素早く波打つように動かしながら引っ張って下さい。波のように動かすことで、敷物の下に空気が入り、移動するのが楽になります。

When you move a big rug to adjust its position, there is a better way than just to pull with brute force on the fringe or edge. A simple trick is to rapidly wave the edge of the rug up and down a foot or two close to the floor while pulling. This ripple effect sends a cushion of air under the rug, making it very easy to move.

敷物を平らにならすには
To Lay a Rug Flat

 輸送のために敷物が折りたたまれていた場合、広げた時にしわや折り目がある場合があります。これを伸ばすには、まず毛の方向を調べて下さい。(房飾りの方向に向かってループを手でなぜてみて下さい。片方の方向になぜたときはループは滑らかに感じ、反対方向になぜたときは粗く感じるはずです。)毛並みが自分に向かってくるような方向に敷物を置きます。手元がらできるだけきつく敷物を巻き上げ、そしてゆっくりと開き、徐々にならしていきます。取りづらいしわには敷物の表面を、「ウール」設定のスチームアイロンをかけて下さい。(必ずループは毛並みに沿ってかけるようにして下さい。)しわを取らないと、突起した場所に沿って傷みが進むので注意すべきです。敷物の中には、しわができるように製作されてしまったものもあります。こういった敷物は避けるようにしましょう。

If a rug has been folded for shipping, there may be wrinkles or creases when you lay it down. To flatten them out, first determine which way the nap lays (rub your hand across the pile in the direction of the fringe: the pile will feel smooth one way and will roughen up when rubbed in the opposite direction). Stand at the end of the rug with the nap running toward you. Roll the rug up from this end as tight as you can, then slowly unroll and smooth it down along the way. Persistent wrinkles in the same spot can be pressed from the face of the rug using a steam iron on "wool" setting (be sure to iron the pile in its original direction). Persistent wrinkles should be attended to, as premature wear along the ridges made by the wrinkles can result. Some rugs have wrinkles "built in" as the rug is woven--try not to buy one of these!

敷物の下敷き
Rug Pads

 オリエンタル絨毯の下に下敷きを敷くことで、靴底と固い床面の間の衝撃を弱め、敷物の寿命を長くし、快適な感触を足元に与えます。下敷きが必要かどうかの見極めは簡単です。重い厚い敷物には不要ですし、薄い、柔らかい敷物、織り直しやつぎあて修理をした敷物、土台が弱っているものには必要です。どんな敷物に下敷きを使用しても寿命を延ばすことができますが、新しい敷物に下敷きを使うかどうかは、足元の感触の個人の好みの問題となるでしょう。下敷きは(房飾りを除いた)端から約3cm小さいものを使用し、敷物からはみ出して見えないようにして下さい。

Pads under Oriental rugs can prevent sliding, prolong the life of the rug by cushioning the impact between shoe sole and hard floor surfaces, and provide comfort under foot. To determine if you need a pad, the rule of thumb is: a heavy, thick rug does not necessarily need one, whereas a thin, soft rug does, as does an older rug or a rug that has been rewoven or patched or which has a weakened foundation. While a pad can extend the life of any rug, whether or not to use a pad under a new rug is often a personal decision based upon your preference for the feel of the carpet underfoot. A pad should be about an inch smaller than the rug all the way around (not counting the fringe) so that the pad will not show beneath the rug.

 下敷きは、ゴム製、フェルト、ポリエステル、合成樹脂発泡のような材質のものがあります。長年の経験から、私たちは大きな敷物には、1cm程度の厚みのあるポリエステル製フェルトをお勧めしてきています。この材質は密度が高く、機能的に強力です。ゴム製の下敷きを使用した場合、しばらくして端からひび割れし、ぼろぼろになったり、時には床面や敷物の裏面にくっついてしまったケースを私たちは見てきました。合成ウレタンフォームのほとんどは、柔らかすぎで、軽すぎ、いい敷物の支えとはなりません。

Pads can be made of materials like rubber, felt, polyester, or one of a number of synthetic foams. For a number of years we have preferred pads for larger rugs made of a polyester felt about 3/8" thick. This material is quite dense and is mechanically strong. We have seen rubber pads crack and crumble around the edges with time, and occasionally rubber pads will become gummy and stick to an older floor finish or even to the back of the rug. Many of the synthetic urethane foam pads seem too soft and lightweight to provide much support to the rug.

角や端が丸まってしまった場合
Curled Corners and Curled Edges

 織り方のために、敷物は角や端が内側に丸まることがあります。敷物を引いた時に、平らにならしてください。端の丸まりがひどい場合、上手な敷物修理人に依頼する必要があります。端や角がひどく丸まってしまっている状態で使用し続けると、不自然な傷みの原因となり、適切に修復をすることが困難になります。

Because of the way it is woven, a rug may have corners and/or edges that tend to curl under. Straighten them out when you lay the rug down. If the edges curl badly, the rug may need the attention of a good rug repairperson. Using a rug with badly curled-under edges or corners causes unnatural wear patterns that can damage the rug and be difficult to repair properly.

敷物の形状補正
Sizing or Blocking a Rug

 敷物の形状がおかしい場合または製造工程でしわが作り込まれてしまっている場合、形状補正をするといい場合があります。敷物をひっくり返し、形状をあわせ、できるだけ平らにならします。そして端を固定します。(私たちはホチキスガンを使用しています。)形の矯正をしながら、敷物の背面に水をかけ、乾かします。矯正中に水分を与えることで、敷物の土台の張力を均一化させます。そして、四角に形を整え、平らにならします。高品質の敷物でもめったに完璧な四角形ではないことにご注意下さい。整形する場合、四角にすることと、平らにすることのどちらかを選択しなければならないときがあります。四角にするより、通常、平面にするほうが敷物にとって良い選択となります。

When a rug is out of square or has built-in wrinkles, sizing or blocking may help. A rug is sized by turning it over, making it as square and flat as possible, and fastening it down along the edges (we use a staple hammer). A mixture of sizing and water is sprinkled over the back of the rug, and the rug is allowed to dry. The moisture in the sizing helps equalize tension in the foundation of the rug, and the sizing helps the rug hold its square, flat shape. Note that even a good quality rug is rarely perfectly rectilinear. When blocking a rug the choice is sometimes between getting it flat or making it square--from the standpoint of what is good for the rug, it is usually better to make the rug flat than to make it rectilinear.

 適切に注意深く形状補正を行った場合は、敷物が更に魅力的に使いやすくなります。不適切に行われると、形をかえって歪ませ、敷物を損傷すらする結果になってしまいます。強すぎる力で整形しても、ひどく曲がったり、織り方の悪い敷物は直りません。ご家庭では補正はしないで下さい。形状補正は、経験豊かなディーラーか敷物修理人に任せるのが一番です。

Used with care and when appropriate, sizing makes a rug more attractive and usable. Used incorrectly, blocking can distort or even damage a rug. Over-aggressive blocking will not remedy the problems of a badly crooked or poorly woven rug. Do not try this at home! Sizing is definitely a process best handled by an experienced dealer or rug repairperson.

保管
Storage

 数ヶ月以上敷物を保管する場合、敷物をきれいにし、殺虫剤をスプレーし、防護のためにプラスチックか、タイベック社の製品などの強い不織布シートで包んで下さい。新聞紙やよくある茶色の包装紙は使用しないで下さい。これらは化学的に安定しておらず(通常非常に高酸性)、敷物を保管する間、害虫や湿気に対する保護の役目を果たしません。敷物が完全に乾燥していることをご確認下さい。防虫剤のご利用は慎重に。防虫剤はあまり防虫効果がなく、敷物に除去しずらい悪臭をつけるものがあります。杉の香りは、蛾予防には効果がありません。保管場所は、ネズミなどがこないきれいな乾燥した場所を選んで下さい。定期的に敷物を検査することを強くお勧めします。

When a rug is to be stored for more than a few months it should be cleaned, sprayed with insecticide, and wrapped in protective plastic or a tough synthetic paper like "Tyvek"® building paper. Do not use newspaper or common brown wrapping paper. These materials are not chemically stable (they are usually quite acidic), and do not provide the protection from insects or moisture the stored rug needs. Make sure the rug is completely dry. Think twice about using mothballs or flakes--these materials have little repellent effect, and the odor they impart to the rug can be difficult to remove. Cedar scent is useless in moth control. Store the rug in a clean, dry place out of the reach of squirrels or other rodents. Periodic inspection of the rug is strongly recommended.

お手入れのまとめ
Summary

 敷物は、表、裏の両面をこまめに掃除機をかけ、時折向きを変えて下さい。多くの種類の破損は修正できますが、防止策のほうが、修復よりもずっと簡単(その上安価)です。敷物に鉢植えを置くのは避け、ペットに注意しましょう。定期的に、破損の兆候がないか、敷物全体を検査しましょう。非常に汚れた場合にだけ、クリーニングします。敷物に関してご自分で判断できない問題があった場合は、ためらわずオリエンタル絨毯優良取扱店に連絡し、アドバイスを受けて下さい。ちょっと注意をすることで、お持ちのオリエンタル絨毯は何年もご愛用して頂けます。

You should vacuum your rug often--both front and back sides, and turn it end-for-end occasionally. Although many kinds of damage can be repaired, prevention is much easier (and cheaper) than repair, so avoid placing potted plants on the rug, and keep an eye on your pets. Inspect the entire rug periodically for signs of wear or damage. Have your rug cleaned only when it really is dirty. When you see something wrong with your rug that is beyond your ability to rectify, do not hesitate to call a reputable Oriental rug dealer for advice. With just a bit of care your Oriental rug will provide many years of utility and pride of ownership.

カッパドキア<Cappadocia>

カッパドキアの歴史
History Of Cappadocia

 カッパドキアの歴史は、この地の珍しい景色を生んだ地質学的形成発達と共に始りました。その昔、エルジェス山とハッサン山という火山が何度も噴火し、厚い火山灰が堆積しました。これが固まったものが、この地の地層表面を特徴付けるトゥファと呼ばれる多孔質の石灰石です。エルジェス山とハッサン山は現在は死火山で、景観に堂々と雄姿を横たえています。冬季にはエルジェス山でスキーも楽しむことができます。

The history of Cappadocia has to begin with the geological background to the remarkable landscape here. A long, long time ago a series of eruptions from the volcanoes of Mt. Erciyes and Mt Hasan covered the area in a thick layer of volcanic ash which solidified to form the soft tufa that characterises the surface strata here. Both these volcanic mountains are extinct and dominate the landscape. There's some reasonable skiing on Erciyes in the winter.

 谷や峡谷の侵食は今でも続いています。この地方に特有な「妖精の煙突」と呼ばれるキノコ岩は、上部の固い岩が下部のやわらかい材質の柱を保護し、周りのトゥファが除去されて形成されます。現在この地域には、数多くの洞窟、地下都市、岩窟教会がみつかっており、発見されることを待っている場所がまだ数多くあることはほぼ確実です。

The processes of erosion started the work of carving out valleys and gorges and continue to act to this day. The signature of the region, the 'fairy chimney' is formed when a cap of resilient stone protects the column of softer material beneath it while the surrounding tufa is removed. The area is now a warren of caves, underground cities, rock churches and chambers and it's almost certain that there are more such sites waiting to be rediscovered.

 カッパドキアの歴史が脚光を浴びた理由は紀元前5世紀の歴史家ヘロドトスの著書での紹介によるものですが、一般的な人々の関心を引いたきっかけはキリスト教の勃興でした。キリスト教がこの地に伝来したのは、早期のことでした。聖ポールがアンカラを目指しこの地を通り過ぎた時にキリスト教が伝えられ、その後4世紀にはこの地から3人の聖人が生まれました。人里離れたカッパドキアの地形と天候が生む厳しい自然が、時として、苦行により神に近づけると信じた初期の独住修士を惹きつけました。こうした人々がそれぞれの個人としての世界を守りつつ、コミュニティとして徐々に緩いつながりを形成していきました。これらのコミュニティは、聖バシレイオスが修道院の規律を宣言したことにより公的なものとなり、その後数百年間の間、ゆっくりと成長していきました。そして、7、8世紀のアラブ人のアナトリア襲撃により、修道士達は地元のキリスト教信者を連れて地下に潜り、地下都市を形成するようになりました。これらの地下都市が今日探索できるようになっており、中には驚嘆するような大規模なものも発見されています。アナトリアにトルコ人が到来すると、キリスト教コミュニティは衰退し、地下住民は洞窟を去り、より便利な生活を選ぶようになりました。カッパドキアは、実質上西洋社会から姿を消すことになり、1907年フランス人のイエズス会士が訪れるまで再び発見されることはありませんでした。

Cappadocia makes its first entrance into history courtesy of Heroditus, writing in the 5th Century BC but it is with the advent of Christianity that it becomes of interest to the average contemporary tourist. Christianity came early to the region with St. Paul passing through on his way to Ancyra (Ankara) and 3 Saints originating here in the 4th Century. The remote and sometimes harsh nature of the landscape and climate here appealed to the early anchorites who favoured an ascetic existence in which hardship brought them closer to God. Gradually these individuals formed loose knit communities here to benefit from a social structure but nevertheless retained their individuality. These communities were formalised as a result of St. Basil's pronouncements on the rules of monastic life in the 4th Century and slowly grew over the next few hundred years. The arrival of Arab raiding parties in Anatolia in the 7th and 8th centuries drove the monks underground and they took local Christian communities with them forming the underground cities you can explore today, several of which are staggering in their scale. The Christian communities dwindled after the Turks arrived in Asia Minor and local inhabitants moved into the more convenient of the excavations that were left behind. Cappadocia effectively vanished from the point of view of the West until it was rediscovered by a French Jesuit priest in 1907.

 多くの旅行客が見学に来る壁画は、聖像破壊主義運動前と後で分類することができます。初期の作品は全てシンボルを使ってメッセージを伝えようとしており、後期の作品と比べて子供っぽく、単純に見えるかもしれません。これは初期の教会が、宗教芸術として人間の肖像画を描くことを禁じていたことによります。聖像破壊主義論争が解決した(9世紀半ば)後の作品は、非常に描写的になっています。両時代の壁画を比較し、キリストと聖人の同じ話を伝えていることを確認するのもおもしろいでしょう。現在、壁画作品の損傷していない場所を探すのは非常に困難な状態になっています。これは、多くの場合、悪意を持って破壊されたためで、過去500年以上の間、何度も厳格なイスラム教徒の憎悪の対象となったことも一因となっています。また、真偽のほどは定かではないものの、地元の独身女性は壁画の人物の碧眼を削ると強力な媚薬になると信じており、その結果、それは多くの人物像の眼が削り取られました。

The frescoes that many tourists come to see can be divided up into Pre and Post-Iconoclastic. The earlier works rely entirely on symbolism to communicate their messages and may look childish and simple in comparison to later works. Their form is a result of the early church's disapproval of the portrayal of the human form in religious art. The works which postdate the resolution of the Iconoclastic controversy (mid 9th Century) are much more figurative. It is interesting to compare them and realise that both styles are telling the same stories of Christ and the Saints. It is very difficult to find a section of fresco work that hasn't been damaged, usually maliciously and the root of this lies partly in the abhorrence of representations of the human form felt by strict Muslims at various times over the last half millennia. Another, possibly apocryphal, story tells us that local maidens believed that the blue eyes of the figures in the frescoes, if removed and powdered, could be incorporated to make a powerful love potion. An awful lot of figures have their eyes removed.

高級トルコ絨毯の販売事業【インテリア事業部】 OA機器/空調機器/什器備品のリース・販売事業【リース事業部】
このページの先頭にもどる